ゲームが一因で、若者が働かなくなった?(米)

ゲーム技術の進歩で、余暇の価値が上がった?


ゲームが一因で、若者が働かなくなっているのではないかーー

アメリカでは、こんな話があるそうです。

↓ 『ウォールストリートジャーナル』日本語版へのリンク。
◇ ゲームに没頭で無職、米の若い男性に増加 (新しいウィンドウで開く

↓ ワーキングペーパー。全米経済研究所へのリンク。英文。
◇ Leisure Luxuries and the Labor Supply of Young Men (新しいウィンドウで開く

↓ Chicago Booth Review という、シカゴ大学ブース・ビジネス・スクール関係のウェブサイトへのリンク。英文。
◇ Video killed the radio star (新しいウィンドウで開く

アメリカでは、男性の非熟練労働者の就業率が特に減少しています。一方で、同じ層がゲームをする時間は多いです。

非熟練労働者は、働いてもあまり所得は得られません。少ない所得から消費をしても、あまり満足度は得られません。一方、現代のゲームは質が向上していて、余暇にゲームをして過ごすことから得られる満足度は高くなっているものと思われます。この2つの満足度を比べ、働かずにゲームをするという選択をする者が多くなったのではないかということのようです。

「留保賃金」という用語が、経済学にあります。この賃金なら働いてもよいという賃金水準のことです。ゲームなど余暇を楽しめるテクノロジーが、この留保賃金を引き上げたのではないかという趣旨の説明もなされています。

これは実に経済学的な考え方で、大学で経済学を先行した私にとっては興味深く思われます。ただ、この説の真偽は私には分かりません。

私の場合、無業生活が下手に根付くと、就労の際に未練も


アメリカの話は置いておいて、私個人の話をしましょう。引きこもりなど長期無業状態に陥り、その生活が根付いてしまうと、就労をする段になるとこれまでの生活に未練のような感情が起こってしまうことがあります。

例えば、引きこもりながらもブログを書き続け、そこで一定のアクセス数を得たり、人とのつながりができたりしたとしましょう。ですが、いざ働こうとすると、ブログの更新が滞る可能性が出てきます。これまでのブログ運営で得たものを失ってしまうかもしれないのです。そこで、後ろ髪引かれるような感情になってしまうのです。

無業のままブログを続けるよりも就労した方がいいに決まっていると頭では分かっています。ですが、感情が必ずしもついていきません。

「無業生活には何もなかった、自分に失うものは何もない」という方が、私の性格の場合、就労を考えるには踏ん切りがつきやすいような気がします。アメリカでゲームに時間を費やす無業者の中には、こういう人も中にはいるかもしれないと思いましたが、根拠は全くありません。

ただ、私の場合、ブログに未練を感じつつも、それを理由に就労しないという選択をするまでには、まだ至っていません。ですので、「そうか!じゃあ富条さんが就労できるように、このブログの読者をやめよう!」と考えていただかなくても大丈夫です。

スポンサーリンク

ウクライナ、ポルトガルの引きこもり

またヨーロッパの学会誌に、引きこもりの研究が掲載されていました。今回は、日本の引きこもりでありません。

↓ ScienceDirect というサイトへのリンクです。
◇ Frankova, I. (2017). Does hikikomori exist in Ukraine?. European Psychiatry, 41, Supplement, S228. http://dx.doi.org/10.1016/j.eurpsy.2017.01.2230 (新しいウィンドウで開く

ウクライナの引きこもりです。論文全文を読むことはできなかったのですが、概要を読む限り、26名の引きこもり者を集めたようです。この種の研究では、1人や少人数を対象とした事例研究をよく見かけるのですが、今回はまとまった人数であることに注目したいです。ウクライナにも引きこもり者がいるのでしょうか。

この論文での引きこもりの定義は、日本のものとほぼ同じです。また、被験者の診断結果を見る限り、統合失調症の症状による引きこもりは全く、あるいはあまり含まれていません(日本でも含めません)。

引きこもり者の65.4%に少なくとも1つの精神医学的診断がついたそうですが、その内訳が気になりました。特に、発達障害が少ないことに注意が向きました。

↓ これも ScienceDirect というサイトへのリンクです。
◇  Macedo, P., Pimenta, V., Alves, M., San Roman Uria, A., and Salgado, H. (2017). Hikikomori goes global: A Portuguese case. European Psychiatry, 41, Supplement, S514. http://dx.doi.org/10.1016/j.eurpsy.2017.01.670 (新しいウィンドウで開く

上と同じ学会誌ですが、こちらはポルトガルの事例。ポルトガルで引きこもりの報告は初とか。22歳男性の事例だそうです。

引きこもりはこれまでにも、海外で似た事例が報告されています。

スポンサーリンク

中高年の引きこもり当事者を標的とした詐欺

最近インターネット上で、蓄えを持つ引きこもり当事者を標的とした詐欺グループが出現しているという情報があります。

↓ nippon.com という情報サイトへのリンクです。記事中段をご覧ください。
◇ 「引きこもり」長期高齢化の陰で (新しいウィンドウで開く

引きこもりで詐欺と言えば、最近話題になっているのが「引きこもり支援」業者に関わるトラブルです。ですが、上の記事で書かれているのは、それとはまた違うタイプの詐欺です。親と死別した、中高年の引きこもり当事者をターゲットとしたものです。引きこもり関連で様々な詐欺が発生しているのでしょうか。用心したいものです。

詐欺被害というと、高齢者の話をよく聞きます。だまされやすそうな人に触手を伸ばすのでしょう。長年引きこもっていた引きこもり者も、そのあたり狙い目と思われているのかもしれません。

「いや、自分は絶対にだまされない!大丈夫!」と根拠もなしに過信するのは、注意した方がよいかもしれません。自分が詐欺被害に遭いやすいかや、そうした被害を避ける判断力や注意力、社会常識等があるかどうかは、長期引きこもり生活を続けると自覚しにくくなるような気がします。個人的な経験から言うのですが、自分にどういう力がないのか、あるいはあるのかは、長い間人と関わらないと分かりにくくなるところがあります。

詐欺の魔の手自体は、私の元にも忍び寄っています。怪しげなワン切り、メールやウェブサイトを通じた架空請求、フィッシング詐欺、サポート詐欺などです。私の場合、ありふれた詐欺かもしれません。インターネット関係の詐欺が多いですが、私はネットをする時間が長いので、これらについては慣れっこです。うまく避けており、被害に遭ったことはありません。ネットに慣れていない親から「これは怪しいが、詐欺か」と尋ねられ、色々教えたりしています。ですが、特に外の世界のことには疎いですし、過信はしない方がよいだろうと思います。

スポンサーリンク

NEXT≫
最近の記事
カテゴリー
カレンダー(月別)
06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
RSSフィード
本など
「ニート」って言うな! (光文社新書)

若年者就業の経済学
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
144位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
9位
アクセスランキングを見る>>
リンク
このサイトについて

このサイトはリンクフリーです。張るのも剥がすのもご自由になさってください。相互リンクは現在募集しておりません。

携帯用アドレスを取得されたい方は、「こちら」をクリックしてください。

このブログのリンク先のご利用につきましては、ご自身の責任のもとでお願いします。なお、本等のリンクについては、Amazon.co.jpのアフィリエイトプログラムを導入しています。

なお、「富条」はハンドルネームです。本名は全く違う名前です。

メールは nhjournal77@yahoo.co.jp まで。