子と同居する高齢者世帯

親と同居を続ける


引きこもりやニートの人が世間からよく思われない原因の一つに、親との同居があるのではないかと思います(もちろん、それよりもっと大きな原因があるのですが)。引きこもりやニートの人は、それなりの年齢であるにも関わらず、親と同居している場合がほとんどです。

「長男は家に残るもの」であると、私は子供の頃、親から教わりました。このような考えは現代でも根強く残ってはいるものの、必ずしも一般的ではないらしいです。地域や各家庭の事情にもよるのでしょうが、成人してある程度の年齢になったら親元を離れるものらしいです。

高齢の親との同居であれば珍しくはない


ですが、親が高齢ともなると、話は変わってきます。親子同居は別に珍しくはないようなのです。

厚生労働省「平成27年 国民生活基礎調査の概況」によると、「65歳以上の者の家族形態」は「子と同居」が平成27年で39.0%と、最も多いです。もっとも、その割合は年々少なくなってはいます。昭和61年では、「子と同居」の割合は64.3%に上っていました。

ただし、「配偶者のいない子と同居」が増えている


この「子と同居」の割合を見ると、興味深いことが分かります。昭和61年では「子夫婦と同居」が46.7%だったものが、平成27年では12.5%に減少しています。その一方、増加しているのが「配偶者のいない子と同居」です。昭和61年では17.6%だったものが、平成27年では26.5%にまで増加しています。

引きこもり者とその親が高齢化すると、親と同居していても、その年齢だと同居自体はある程度よくあることなのかもしれません。特に昔の家庭のイメージが残る方にとっては、同居だけをとってみると、別に珍しい話とも思えないでしょう。ただし、現代では配偶者のいない子と同居する割合が子夫婦と同居の割合よりも多く、事情が変わってはいます。そしてもちろん、同居する成人の子供が働いているのと引きこもっているのとでは、事情は違います。

関連リンク


↓ 厚生労働省ホームページへのリンク。
◇ 平成27年 国民生活基礎調査の概況 (新しいウィンドウで開く

スポンサーリンク

OECD「ニートレビュー」日本報告書が公表

OECD「ニートレビュー」日本報告書が、本日5月29日に公表されました。OECD は経済協力開発機構のことです。

レビューの正式名称は、『若者への投資:日本 -OECDニートレビュー (Investing in Youth: Japan - OECD REIEW ON NEETS)』というそうです。

↓ その報告書の要約が読めます。OECD東京センターホームページへのリンク。
◇ 日本は、若者が労働市場に参加できるよう支援を強化すべき
新しいウィンドウで開く

↓ 報告書の全文が読めます。英文ページ。OECDホームページへのリンク。
◇ Investing in Youth: Japan
新しいウィンドウで開く

190ページほどある内容で、私はまだ全文は読んでいません。ただ、ざっと読んだ限りで言うと、この報告書で言うニートは、日本でよく言われるニートとは違うことに注意が必要そうです。

[この報告書のニート]

○ 15~29歳まで
○ 求職活動を行なう Umemployed NEETs と、そうではない Inactive Neets を含む
○ 結婚をして子育てに従事する者も含む(女性のニートが多いと指摘されているのはこのため)

[厚生労働省が定義する若年無業者(ニート)]

○ 15~34歳まで
○ 非労働力人口であり、求職活動を行なう者は含めない
○ 家事従事者は含めない

※ 厚労省の「若年無業者」の定義は、白書「労働経済の分析」などで確認できます。

国際機関の報告書らしく、他の OECD 加盟国との比較も行なわれています。引きこもりについても言及があるようです。OECD の過去のニート報告は興味深かったので、私としてはできれば後ほど時間をとって、全文を読んでみたいと考えているところです。

なお、報告書の公表に合わせて、イベントが催されたようです。

↓ 厚生労働省ホームページへのリンク。
◇ OECD「ニートレビュー」日本報告書公表イベントを開催します
新しいウィンドウで開く

スポンサーリンク

「積極的にいっての失敗なら、多少は仕方ない」

「積極的にいっての失敗なら、多少は仕方ない」

何年か前、母校の高校野球の試合をテレビ観戦していたところ、監督のこのようなコメントが実況者から紹介されていました。失敗したらしたで、そこから何かを学ぶことができるし、とにかく積極性を持てというのが、監督の指導方針だそうでした。

「失敗を恐れず積極的に」とはよく言われますが、これをあのように言い換えられると、少し考えさせられました。積極的に動いての失敗は「多少は仕方ない」というのです。と言っても私は野球をすることはないのですが、野球以外の自分自身のことについて考えさせられました。

* * * * * * * * * *

私の性格は慎重で、しかも有能感が乏しいです。このため、失敗を避けようという意識が人並み以上に強いという自覚があります。

失敗を避けようとすること自体は、悪いことではないでしょう。ですが、そうした意識が強すぎるあまり、私は身動きがとれなくなってしまうことも多いです。これは、私の引きこもり長期化とある程度関係があるような気もします。

「仕事上の失敗には、許される失敗と許されない失敗がある」以前引きこもり等の人を支援する施設に通っていたところ、施設職員がこんなことをおっしゃっていたことを思い起こします。もっとも、こういう考え一つで引きこもりが克服できるものでもないでしょうが、もう少し積極的に動いてみてもよいのかもしれません。

ただ、私も齢を重ねてきています。もう少し若ければ失敗をしてもなんとかなる余地が多少あったかもしれませんが、この年齢になると及び腰になってしまいます。若い方は、私のようにならないように。

関連記事


◇ 仕事上の失敗、そんなに気にしなくていいのか (新しいウィンドウで開く

スポンサーリンク

NEXT≫
最近の記事
カテゴリー
カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
RSSフィード
本など
「ニート」って言うな! (光文社新書)

若年者就業の経済学
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
154位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
11位
アクセスランキングを見る>>
リンク
このサイトについて

このサイトはリンクフリーです。張るのも剥がすのもご自由になさってください。相互リンクは現在募集しておりません。

携帯用アドレスを取得されたい方は、「こちら」をクリックしてください。

このブログのリンク先のご利用につきましては、ご自身の責任のもとでお願いします。なお、本等のリンクについては、Amazon.co.jpのアフィリエイトプログラムを導入しています。

なお、「富条」はハンドルネームです。本名は全く違う名前です。

メールは nhjournal77@yahoo.co.jp まで。