解決志向アプローチ

5年後、どうなっていたいと考える?


「富条さんは5年後、自分がどうなっていたいと考えていますか。この紙に書いてみてください」

ニート等の若者を支援する施設「地域若者サポートステーション」(サポステ)に通っていた頃、キャリアカウンセラーとの面接で、こんなことを言われたことがあります。これに対して、私は戸惑いながら次のように答えました。

「私は5年後、正規の仕事に就いて、その後も離職することなく安定した職業生活を送ることができればと思っています。ですが、私は長期引きこもりを経験し、この年齢にまでなってしまいました。私が今さら正規の仕事に就くのは難しいだろうと思います。これは書かない方がよいのだろうかとも思うのですが……」

ところが、キャリアカウンセラーは構わないから書けとおっしゃいます。そこで、その通りに書いてみたのでした。それにしても、なぜこんな質問をキャリアカウンセラーはしたのだろうか、こんな実現可能性が低そうな将来を書いて意味があるのだろうかと、私には不思議に思いました。

解決志向アプローチ


それが先日、ひょんなことから、これはもしや「解決志向アプローチ」だったのではないかという、一つの解釈を持つに至りました。

↓ 目白大学の黒沢幸子教授による解説です。PDF。2.92MB。母子保健指導者養成研修会ホームページ内の資料。
◇ 解決志向型アプローチ (新しいウィンドウで開く

※ PDFを閲覧するには Adobe Reader が必要です。こちら新しいウィンドウで開く)からダウンロードできます。

このキャリアカウンセラーが行ったのは、「ミラクル・クエスチョン」や「タイムマシン・クエスチョン」の変形だったのかもしれません。つまり、もし私が眠っている間に奇跡が起きたら明日どういう一日になっているか。あるいは、タイムマシンに乗って5年後の未来の自分を見たら自分は何をしているか。それを、形を変えて問うたのかもしれません。

こういう質問方法だけでなく、このキャリアカウンセラーは、私が抱える問題やその原因よりも、たとえ小さなことでも、これまでに私ができたことに注目する方でした。これは、解決志向アプローチの基本的考え方に通じるものがあります。

つまり、私が望む未来イメージに向かって目標を設定し、私ができたことや、できることに焦点を当てて解決を図るわけです。

サポステの支援期間は、原則6ヶ月でした(当時の話です。現在は知りません)。解決志向アプローチは短期間で解決に持っていく「ブリーフセラピー」と呼ばれるものだそうで、短期間でしか支援が行えないサポステには合っていたのかもしれません。

そういえば、あの質問から何年経ったのでしょう。そして、現在の私は……?

スポンサーリンク

「ニート」状態、60歳未満男性で増加

こんな報告書を見つけました。みずほ総合研究所の岡田豊主任研究員が著したもので、2016年10月12日にリリースされています。

◇ 男性で目立つ非労働力人口増加-就労をあまり優先しない者向けの対策が重要 (新しいウィンドウで開く

↑ PDFファイル(539KB)。みずほ総合研究所ホームページへのリンク。
※ PDFを閲覧するには Adobe Reader が必要です。こちら新しいウィンドウで開く)からダウンロードできます。

* * * * * * * * * *

非労働力人口における「その他」、つまり若者でいう「ニート」の状態に相当する者の割合が、働き盛りの世代である60歳未満の男性で増えているというのです(3~4ページ;報告書には「ニート」の文字は見えませんが)。

少し解説をすると、非労働力人口とは、15歳以上人口のうち、就業者と完全失業者を除いた者を言います。このうち完全失業者は月末1週間に仕事をしていませんが、職探しは行なった者で、かつ仕事があればすぐに就くことができる者です。

この非労働力人口には、家事従事者や学校に通っている者などが含まれます。ですが、そのどちらにも当てはまらない「その他」の者もいます。この「その他」の者には高齢者が多いのですが、働き盛りの世代にもこうした者はいます。そのうち特に15~34歳の者に限っては、統計上「若年無業者」[注]、つまりニートと扱われるわけです。

私見ですが、非労働力人口で家事も通学もしていない者というと、若者ばかりが「ニート」「若年無業者」として注目されてきました。ですが、この報告書のように年齢層を広げて見ると、違った景色が見えてきます。


例えば、厚生労働省「平成28年版労働経済の分析」には、「若年無業者は、15~34歳の非労働力人口のうち家事も通学もしていない者としている」(36ページ)と書かれてあります。

↓ 厚生労働省ホームページへのリンク。引用した36ページが読めます。図の注をお読みください。
◇ 平成28年版労働経済の分析 第1章 第2節 (新しいウィンドウで開く

スポンサーリンク

「ニート」は死語だったのか?

「ニートは死語」という記事が、先日インターネット上で公開されました。著者は、一般社団法人officeドーナツトーク代表の田中俊英氏です。BLOGOS、Yahoo!ニュースでの掲載を確認しています。

↓ その記事。BLOGOS へのリンクです。
◇ ニートは死語 (新しいウィンドウで開く

ちょっとびっくりしました。私の実感とは全く違うからです。それに、もしニートが死語になっていたとしたら、間もなく12年目に入ろうとする「ニート引きこもりJournal」にとってもただごとではありません。そこで、ニートが本当に死語になったのかどうか、私なりに調べてみることにしました。

方法としては、ニートという語がどの程度検索されてきたか、また、使われてきたかを調べました。ニートが死語になったかどうかを知る手がかりぐらいにはなるだろうと思います。

「ニート」検索シェアの推移


まずは Google トレンドで、ニートの検索シェアの推移を調べてみました(2004年以降)。

↓ Google トレンドへのリンクです。
◇ ニート - 調べる - Google トレンド (新しいウィンドウで開く

ニートという語が世に出た2005年前後の検索シェアはやはり高いです。その後下がり、2007年頃から2016年までの10年間はほぼ安定して推移しています。

「ニート」使用状況の推移


次に、ニートという語の使用状況の推移を見てみることにしましょう。

スポンサーリンク

NEXT≫
最近の記事
カテゴリー
カレンダー(月別)
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
RSSフィード
本など
「ニート」って言うな! (光文社新書)

若年者就業の経済学
学校や幼稚園で話せない子
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
75位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
4位
アクセスランキングを見る>>
リンク
このサイトについて

このサイトはリンクフリーです。張るのも剥がすのもご自由になさってください。相互リンクは現在募集しておりません。

携帯用アドレスを取得されたい方は、「こちら」をクリックしてください。

このブログのリンク先のご利用につきましては、ご自身の責任のもとでお願いします。なお、本等のリンクについては、Amazon.co.jpのアフィリエイトプログラムを導入しています。

なお、「富条」はハンドルネームです。本名は全く違う名前です。

メールは nhjournal77@yahoo.co.jp まで。