フリーター、ニートは15-34歳限定

厚生労働省や内閣府が推計するフリーターやニートの数は、しばしば引き合いに出されます。

注意しなければならないのは、こうした政府の推計には、15-34歳という年齢制限があることです。

例えばフリーターの場合、「年齢15~34歳、卒業者、女性については未婚者に限定し、さらに、(1)現在就業している者については勤め先における呼称が『アルバイト』又は『パート』である雇用者で、(2)現在無業の者については家事も通学もしておらず『アルバイト・パート』の仕事を希望する者」(平成15年版『労働経済の分析』)として推計されています。

ですから、例えば、34歳でアルバイトのみで生計を立てている人はフリーターに数えられますが、35歳になると、数えられなくなります。ニートについても同様です。

表1 フリーター人口の推移(単位:万人)
フリーター
02209
03217
04213
05201
厚生労働省『平成17年版労働経済の分析』、総務省統計局「労働力調査」などにより作成。

上の表は、厚労省が推計したフリーターの数の推移です。ご覧の通り、ここ数年はフリーターは減少しています。メディアはこれを「景気回復の影響」と報道しました。

しかし、実は、15-34歳人口も減少しているのです。

表2 15-34歳人口の推移(単位:万人)
15-34歳人口
023425
033376
043319
053240
総務省統計局「労働力調査より。

スポンサーリンク

フリーターで本当にいいのか!?

私個人の価値観の問題ですが、フリーターに好んでなりたいとか、フリーターでいいじゃないかという人の気持ちが分かりません。やむを得ずなったとか、何か目標があって当面食いつなぐためにというのならまだしも。

私がこのように考えるのは、私が母子家庭の出身であることと無関係ではないのかもしれません。小学生のときに父親を亡くし、経済的にそれほど豊かでない生活を送ってきただけに、ちゃんとした会社に入って、それなりの収入を得て、安定した家庭を築きたいと子どもの頃から願い続けてきました。

そういうわけで、ひきこもりデイケアで、富氏の将来の目標は何かと尋ねられたら、必ず「正社員になること」と答えていました。もっとも、私が正社員になるのはもはや夢物語のような話になってしまいましたけれども。

ところが、同じひきこもりデイケアのメンバーの中でも、自分は正社員は嫌だという人と何人かいて、ああ私とは価値観が全然違うなあと思ったものです。

スポンサーリンク

フリーターになった理由、ニートになった理由

「ニートひきこもりJournal」というブログでどうして「フリーター」のお話をしているのかというと、ニートとフリーターとの間に、いったいどういう関係があるのかを調べるためです。

ですが、先週の記事「学力低下とフリーター、どの程度関係があるの?」は、趣旨とは少し離れてしまいました。たまには、こういうこともあります。

今回は、フリーターになった理由とニートになった理由を比較しています。

なかなかフリーターとニートを比較した統計というのが見つからなくて、比較も上手にはできませんでしたが、一つだけはっきり分かったことがあります。それは、健康上の理由でニートになった者は多いのですが、フリーターの場合は少ない、ということです。

スポンサーリンク

NEXT≫
最近の記事
カテゴリー
カレンダー(月別)
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
RSSフィード
本など
「ニート」って言うな! (光文社新書)

若年者就業の経済学
学校や幼稚園で話せない子
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
75位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
4位
アクセスランキングを見る>>
リンク
このサイトについて

このサイトはリンクフリーです。張るのも剥がすのもご自由になさってください。相互リンクは現在募集しておりません。

携帯用アドレスを取得されたい方は、「こちら」をクリックしてください。

このブログのリンク先のご利用につきましては、ご自身の責任のもとでお願いします。なお、本等のリンクについては、Amazon.co.jpのアフィリエイトプログラムを導入しています。

なお、「富条」はハンドルネームです。本名は全く違う名前です。

メールは nhjournal77@yahoo.co.jp まで。