室内のことなんて、外からは分からない

埼玉県朝霞市の少女が監禁された事件は、ショッキングでした。脱出した少女が、駅の公衆電話で助けを呼んで保護された、あの事件です。被害者が受けた苦しみや失った時間の重さは、計り知れません。

この事件で私が驚いたことの一つは、少女が長期間監禁された場所です。大学の門の近くにあるごく普通のアパートの一室で、1階にはコンビニエンスストアまであったというのです。ある程度の人の往来がある場所だったろうと思うのですが、誰も気付かなかったわけです。「まさかここで、そんな恐ろしいこと(監禁)があったなんて」という近所の人のインタビューを、どこかで聞いた覚えがあります。

それはもっともなことです。室内のことなど、誰にも分かりません。たった壁一つ隔てた向こう側のことが分からないのは、考えてみると不思議なことのように思えます。

近所を歩いていると、そう感じることがあります。町内の家にはどんな人が住んでいて何が行なわれているかは、外からは分かりません。たった一つ壁を隔てた先で、例えば老老介護や認認介護などの深刻なことが起きていることだってあり得ます。そうかと思えば、子供が楽しくゲームをしているだけかもしれません。

私が昔住んでいた家の道路は高校生(女子が多い)の通学路に面しており、我が家のトイレはその通学路側にありました。このため、用を足すために下着を下ろしたそのほんの向こうで、女子高生が歩いていたことだってあったはずです。今考えると恐ろしいですが、当時は別に何とも思っていませんでした。これも壁の力でしょう。

そう思いながら近所を歩いていると、自分の家に到着します。そうか、我が家で何が起こっているかも外の人には分からないのだという当たり前のことを、改めて感じます。その一つ壁を隔てた先には、引きこもりがちの男が暮らしているのです。

スポンサーリンク

オピオイド危機と労働参加率低下の関係(米国)

労働参加率とは


働いてもいなければ、職探しもしていない人は、「ニート」に限らずいます。

「労働参加率」とは、働いている「就業者」や、職探しを行なうなどしている「完全失業者」の、生産年齢人口(15歳~64歳人口)に占める割合のことです。ただし、分母は必ずしも15~64歳ではなく、もっと狭くとったりすることもあるようです。

労働参加率 = 就業者数+完全失業者数/15歳~64歳人口 ×100(%)

就業者や完全失業者に該当しない人は、必ずしもニートではありません。通学している人や、家事に従事している人も含みます。

半年近く前にご紹介したみずほ総合研究所のリポート「男性で目立つ非労働力人口増加」では、このように、就業者でも完全失業者でもない人の割合が、働き盛りの世代の男性に増加していると指摘されていました。

↓ PDFファイル(539KB)。みずほ総合研究所ホームページへのリンク。ここでは「労働力率」という用語が登場しますが、この文脈では、「労働参加率」と同じです。
※ PDFを閲覧するには Adobe Reader が必要です。こちら新しいウィンドウで開く)からダウンロードできます。

◇ 男性で目立つ非労働力人口増加-就労をあまり優先しない者向けの対策が重要 (新しいウィンドウで開く

この中には、家事をしたり通学したりしている人もいるのでしょうが、そうでもない人の割合が増えているそうです。若者で言えば「ニート」に相当する層ですが、報告書には「ニート」の文字はありません。「ニート」という用語があるばかりに惑わされがちですが、無業者の増加は若者だけにみられる現象ではないのです。

アメリカでは、働き盛り世代の男性の労働参加率低下が顕著


ところが、働き盛り世代の男性の労働参加率が低下しているのは日本だけではありません。特にアメリカは、主要国の中でも目立っています。8月19日(土曜日)の『日本経済新聞』朝刊の1面トップは、その問題を取り上げたものでした。「オピオイド系鎮痛剤」という薬物の蔓延との関係に焦点を当てています。

↓ その記事。『日本経済新聞』電子版へのリンク。全文を読むには、要会員登録。
◇ 米働き盛り男性むしばむ薬物 労働参加率、主要国最低 (新しいウィンドウで開く

これと似た記事が Bloomberg にあります。こちらは会員登録せずとも読めるので、ご紹介します。

↓ Bloomberg へのリンクです。
◇ アメリカ労働市場をむしばむ「オピオイド系鎮痛剤」 (新しいウィンドウで開く

記事によると、FRBのイエレン議長が、労働参加率の低下とオピオイドの蔓延は関係があると考えていると発言したそうです。

このイエレン議長の発言に先立ち、ゴールドマン・サックスが、オピオイドの蔓延が労働参加率の低下の一因であることを示唆する報告をまとめたそうです。私がゴールドマン・サックスのウェブサイトなどを調べたところ、その報告は見つからなかったのですが、メディアは報じています。

↓ マネースクウェア・ジャパンへのリンクです。
◇ ゴールドマン、異例の警告 (新しいウィンドウで開く

↓ CNBC へのリンクです。
◇ Goldman Sachs thinks the opioid crisis is so bad it's affecting the economy (新しいウィンドウで開く

FRB議長やゴールドマン・サックスが、一見すると守備範囲外の薬物について論じるとは尋常ではありません。労働参加率低下には他の要因の関与も指摘されているのですが、それにしても、オピオイドの蔓延はアメリカ経済に相当な影響を与えているのかもしれません。「ニート」という言葉にあまりとらわれすぎることなく、もう少し無業問題を広い視野で見ていくことも必要ではないかと考えさせられます。

関連記事


◇ ゲームが一因で、若者が働かなくなった?(米) (新しいウィンドウで開く

◇ 「ニート」状態、60歳未満男性で増加 (新しいウィンドウで開く

スポンサーリンク

お盆に、幼馴染とニアミス?

お盆でした


今年のお盆も、親戚の方たちとお会いしてきました。

私以外にも、この時期多くの親戚が一斉に帰省し、お互い顔を合わせます。このため、様々なことが起こります。

私はお盆本来の目的であるお墓参りには、特に抵抗はありません。ご先祖は大事にしなければならないと思います。ですが、お墓参りに伴う親戚との関わりには、特に引きこもっていた頃、苦手意識が強くありました。現在でも苦手意識は残っています。最も心配しているのは、引きこもりだからという理由で非難されることです。お恥ずかしい話です。

ですが、これまで親戚の方にはよく接していただき、実際お会いしてみると心地よく過ごすことができています。といっても、他の私の家族と同じように自然に接していただいているだけなのですが、それが私にとっては一番ありがたいのです。

帰省していた幼馴染一家?とニアミス


とはいえ、こんなこともありました。親戚の家の側に車を停めていたところ、その近くの幼馴染の家にも車が停まり、車の中から私と年齢が近そうな大人と子供たちが現れたのです。もしや、幼馴染一家!?

その一家のことをあまり見なかった、というより見たくなかったので、本当に幼馴染夫婦かだったかどうかまでは確認できませんでした。もっとも、この幼馴染とは複雑な関係で、「幼馴染」という表現しか思い当たらないけれどもそこまで親しくなかったという微妙な間柄なのですが、どちらにしろ、同世代の人が現在どうしているかは知りたくないです。

今年のお盆でトラブルに見舞われそうになったのは、私よりも親戚の方でした。わけあって普段お互いに距離を置いていた親戚同士が、ばったり顔を合わせてしまったのです。私はその場に偶然居合わせてしまい、しばらく凍りつきました。結局この日は何事もなく終わりほっとしましたが、この日のことが尾を引かないか心配です。やはり多くの人が一斉に帰省し、まとまった期間に顔を合わせると、色々なことが起こります。

スポンサーリンク

NEXT≫
最近の記事
カテゴリー
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
RSSフィード
本など
「ニート」って言うな! (光文社新書)

若年者就業の経済学
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
109位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
8位
アクセスランキングを見る>>
リンク
このサイトについて

このサイトはリンクフリーです。張るのも剥がすのもご自由になさってください。相互リンクは現在募集しておりません。

携帯用アドレスを取得されたい方は、「こちら」をクリックしてください。

このブログのリンク先のご利用につきましては、ご自身の責任のもとでお願いします。なお、本等のリンクについては、Amazon.co.jpのアフィリエイトプログラムを導入しています。

なお、「富条」はハンドルネームです。本名は全く違う名前です。

メールは nhjournal77@yahoo.co.jp まで。