多機関型地域包括支援センター

引きこもり支援にも力を入れる、洋野町の地域包括支援センター


地域包括支援センターというと、介護に関する包括的な事業を行なっているところでしょうか。ところが、岩手県洋野町のセンターは、引きこもり支援にも力を入れています。ここでいう引きこもり支援とは、高齢者の引きこもり(閉じこもり)ではなく、このブログで扱っている引きこもりのことです。

↓ 公式ページ。引きこもり支援についても書かれてあります。
◇ 地域包括支援センター | 岩手県洋野町
新しいウィンドウで開く

センターが引きこもり支援に関わることになったきっかけは、先ほどのページの事業報告書に関する箇所に書かれてあります。

介護保険サービスの情報提供のため、高齢者宅を訪問した際、高齢者本人から「サービスを利用する経済的な余裕がない」という話がありました。じっくり話を聞くと、実は就業せずに家にとどまっている子がいて、その子のために生活費が必要だということが分かりました。高齢者の支援のためには、家にとどまっている若い人たちの支援も必要ではないだろうか、ということから社会的ひきこもりについて取り組むことになりました。

そういえば、第27回(平成26年度)社会福祉士国家試験の問35の問題文で、次のような一節がありました。これは、もしかすると洋野町の話がモデルでしょうか。それとも、洋野町に限らず、起こっていることなのでしょうか。

P市地域包括支援センターには、市内の居宅介護支援事業所の介護支援専門員から、「介護保険制度の利用のために高齢者宅を訪問すると、長年ひきこもっている成人の子どもが同居しているケースが少なくない」という相談がしばしば寄せられていた。

↓ 社会福祉振興・試験センターのホームページへのリンクです。PDF(221KB)。
◇ 第27回(平成26年度)社会福祉士国家試験試験問題 地域福祉の理論と方法 (新しいウィンドウで開く

長崎市の多機関型地域包括支援センター


一方、長崎県長崎市には「多機関型地域包括支援センター」が、2016年10月にオープンしました。一般的な地域包括支援センターとは違う、世帯全体の複合的・複雑化したニーズを捉えたセンターのようです。とあるチラシには、その支援対象者の筆頭にこれが挙げられていました。

要介護高齢者の親と、無職でひきこもり状態にある子供が同居している世帯

↓ そのチラシ。PDF(301KB)。長崎市介護支援専門員連絡協議会ホームページ内へのリンク。
◇ 多機関型地域包括支援センター[専門職用]
新しいウィンドウで開く

※ PDFを閲覧するには Adobe Reader が必要です。こちら新しいウィンドウで開く)からダウンロードできます。

長崎市議会の会議録によると、この多機関型センターは全国でも先進的な取り組みで、国のモデル事業として設置されたとのことです(平成29年第1回定例会2日目、山口伸一福祉部政策監の答弁)。詳しくは分からないのですが、問題意識に洋野町のセンターと重なるものを感じます。

このように、高齢者介護の視点から、その子供の引きこもりをも支援対象に広げる動きがあるようです。80代の親と、50代の引きこもり当事者の「80・50問題」が注目される中、こうした動きは今後どういう展開を見せるのか気になります。

スポンサーリンク

夏場で高齢の親が疲労、手伝い増える

夏場に入り、手伝いがさらに増える


親の手伝いをする機会が、ここにきてますます増えています。

我が家は母子家庭です。親も、同居する引きこもりがちの息子(私)も、ともに齢を重ねてきています。特に親は高齢者の域に入り始めており、体力が落ち出しています。このため、これまで親が行なってきた家事の一部を、私が代わりにする機会が最近増えていました。これまでの親は「あんた(息子の私)は頼りにならん」として、私への手伝いを任せずにきたのですが、そうも言っていられなくなってきたのです。

その手伝いが、夏に入ってさらに増えているのです。原因は暑さです。この暑さで、高齢の親に疲れが蓄積され、家事に影響が出ているからです。

例:車の運転


例えば、車で遠出をする際に、私が同行することが増えてきています。疲れなどにより親が運転に自信が持てなくなった時は、私に代わりの運転を任せるのです。他の手伝いと違って車の運転であれば、高齢の親よりも、若い息子の私の方が上手くできそうという判断もあるのだろうと思います。

買い物の付き添いをすることも増えてきました。私がスーパーマーケットまで車で運転し、買い物は親が行なうのです。親がさらに高齢になると、買い物そのものも私に任せるようになるかもしれません。もっとも、スーパーの店内を見渡すと、私の親よりもずっと高齢の方がショッピングカートを引いていることも珍しくないので、それはまだ先の話になるかもしれません。ただ、お米や飲料物など重いものの買い物は、私が代わりに任されることもあります。

夏はまだこれからが本番です。これから、ますます私の家事手伝いが重要になってくるでしょう。

スポンサーリンク

中高年の引きこもり当事者を標的とした詐欺

最近インターネット上で、蓄えを持つ引きこもり当事者を標的とした詐欺グループが出現しているという情報があります。

↓ nippon.com という情報サイトへのリンクです。記事中段をご覧ください。
◇ 「引きこもり」長期高齢化の陰で (新しいウィンドウで開く

引きこもりで詐欺と言えば、最近話題になっているのが「引きこもり支援」業者に関わるトラブルです。ですが、上の記事で書かれているのは、それとはまた違うタイプの詐欺です。親と死別した、中高年の引きこもり当事者をターゲットとしたものです。引きこもり関連で様々な詐欺が発生しているのでしょうか。用心したいものです。

詐欺被害というと、高齢者の話をよく聞きます。だまされやすそうな人に触手を伸ばすのでしょう。長年引きこもっていた引きこもり者も、そのあたり狙い目と思われているのかもしれません。

「いや、自分は絶対にだまされない!大丈夫!」と根拠もなしに過信するのは、注意した方がよいかもしれません。自分が詐欺被害に遭いやすいかや、そうした被害を避ける判断力や注意力、社会常識等があるかどうかは、長期引きこもり生活を続けると自覚しにくくなるような気がします。個人的な経験から言うのですが、自分にどういう力がないのか、あるいはあるのかは、長い間人と関わらないと分かりにくくなるところがあります。

詐欺の魔の手自体は、私の元にも忍び寄っています。怪しげなワン切り、メールやウェブサイトを通じた架空請求、フィッシング詐欺、サポート詐欺などです。私の場合、ありふれた詐欺かもしれません。インターネット関係の詐欺が多いですが、私はネットをする時間が長いので、これらについては慣れっこです。うまく避けており、被害に遭ったことはありません。ネットに慣れていない親から「これは怪しいが、詐欺か」と尋ねられ、色々教えたりしています。ですが、特に外の世界のことには疎いですし、過信はしない方がよいだろうと思います。

スポンサーリンク

NEXT≫
最近の記事
カテゴリー
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
RSSフィード
本など
「ニート」って言うな! (光文社新書)

若年者就業の経済学
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
144位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
11位
アクセスランキングを見る>>
リンク
このサイトについて

このサイトはリンクフリーです。張るのも剥がすのもご自由になさってください。相互リンクは現在募集しておりません。

携帯用アドレスを取得されたい方は、「こちら」をクリックしてください。

このブログのリンク先のご利用につきましては、ご自身の責任のもとでお願いします。なお、本等のリンクについては、Amazon.co.jpのアフィリエイトプログラムを導入しています。

なお、「富条」はハンドルネームです。本名は全く違う名前です。

メールは nhjournal77@yahoo.co.jp まで。