平壌放送が聴こえるようになった部屋

平壌放送は、日本でもラジオで聴ける--

こんな情報を知りました。北朝鮮情勢が気になり、色々と調べていたところ、です。

平壌放送は、北朝鮮によるラジオ放送です(正式には朝鮮民主主義人民共和国)。『LIVE講義 北朝鮮入門』という本によると、平壌放送は外国向けの放送だそうです。一方、国内向けに放送されているのが朝鮮中央放送だそうです。

そこで、私の部屋に長年置いてあるラジオで、夕暮れ後に周波数を合わせてみました。このラジオ、古い以外は、普通のCDラジカセです。すると、本当に平壌放送が聴こえてきました。朝鮮語の放送なのでほとんど意味が分からないのですが、アナウンサーの独特の口調、時々流れる軍歌のような曲、「キムジョンウン ドンジ(金正恩同志)」というキーワードの登場などから、平壌放送と見て間違いないでしょう。

北朝鮮は日本語放送も行っているそうですが、私の環境だと聴こえません。日本政府は、このようなラジオによるプロパガンダが日本で聴こえないようにするため、妨害電波を出したりはしないのでしょうか?もっとも、こうした放送は、謎多き国の貴重な情報源でもあります。

海外向け放送は、世界各国で行われています。中国国際放送(北京放送)や韓国のKBS ワールドラジオなどは、ラジオで比較的容易に聴けますし、日本語放送を行っているためよく知られているそうです。短波が受信可能なラジオだと、さらに多くの放送が聴けるそうです。

* * * * * * * * * *

私は引きこもりがちで、自室を中心とした生活を長く送っています。自分の部屋はすっかり慣れきった空間で、新しい変化は何もありません。それが、部屋に長年置いてあるラジオで、実は平壌放送など海外ラジオが受信できることを知ったのが、衝撃だったのでした。いつもの部屋が少し違って見えるようになりました。もっとも、実際はラジオの使いこなし方が、ほんの少し分かるようになっただけなのですが……。

※ 住んでる土地柄か、韓国や中国のラジオ放送が聴こえることがあるのは、以前から知っていました。ですが、まさか平壌放送や日本向け海外放送が聴けるとは思ってはいませんでした。

スポンサーリンク

「シニアサポートステーション」創設案に難色-西宮

40歳以上の引きこもりに特化した相談窓口「シニアサポートステーション」(仮称)を創設してはどうか--

こうした提案が、兵庫県の西宮市議会で出ました。2017年6月29日に行なわれた、平成29年6月(第9回)定例会のことです。提案者は、松山かつのり市議(公明党)です。

これに対し、西宮市の土井和彦健康福祉局長は、高年齢の引きこもり当事者および家族のニーズの多様性を理由に、一つの部署で全てのケースを支援することに難色を示しました。

↓ 西宮市議会の会議録へのリンクです。
◇ 兵庫県 西宮市 平成29年6月(第9回)定例会−06月29日-06号
新しいウィンドウで開く

問題提起としては面白いと思いました。「シニアサポートステーション」の看板を掲げることで、西宮市が引きこもりの高年齢化に対応していて、その相談窓口があることを市民に伝える効果も期待できそうです。ただ、引きこもりの相談窓口は、年齢別にではなく第一次相談窓口にまとめた方が分かりやすいという考え方もあるかもしれません。

それにしても、高年齢の引きこもり当事者のニーズが多様ならば、現状の引きこもり支援は高年齢層にどう対応しているのか気になりました。また、引きこもり支援の対象年齢は何歳までなのでしょうか。

なお、行政ではなく家族が主体の取り組みとしては、次のような情報もあります。記事を読む限り、こちらは当事者よりも家族支援の方でしょうか。

↓ 『京都新聞』ホームページへのリンクです。
◇ 40、50代の長期引きこもり支える 京都で「語り合う場」
新しいウィンドウで開く

スポンサーリンク

ローマ教皇が、引きこもりに軽く言及

ローマ教皇フランシスコ1世が、日本の司教団に宛てたメッセージの中で、引きこもりについて軽く触れる場面がありました。

↓ そのメッセージについて。文章の後半。バチカン放送局ホームページへのリンクです。
◇ 教皇、日本司教団にメッセージ、福音宣教省長官フィローニ枢機卿の訪日機会に
新しいウィンドウで開く

現代日本が抱える様々な問題の一つとして、引きこもりを挙げたのだろうかと思います。他に挙げられた問題の中には若年層の自殺率など、日本にある程度通じていなければ普通海外の人は知らないのではと思われるものも含まれています。

引きこもりは海外でもある程度知られているようです。ニュースで報道されるなどしています。英語圏を含む、インド・ヨーロッパ語族の多くの地域では Hikikomori とそのまま表記するほどです。ただ、海外の要人が引きこもりについて触れたという話は、少なくとも私はこれまで聞いたことがありません。

教皇が日本の引きこもりをどの程度知った上で触れたのかは私には分からないのですが、ともかく、ローマ教皇という海外の要人が引きこもりに触れたのは大きそうだと思い、ここで取り上げることにしました。

今回の教皇の言及との関係は知りませんが、カトリック教会の中には、以前より引きこもり支援に関わる動きがあるようです。

↓ 公式サイトへのリンクです。
◇ カトリックひきこもり支援東京大会 | 七十二人の集い
新しいウィンドウで開く

↓ 「イエズス会社会司牧センター」へのリンクです。
◇ 「七十二人の集い」ひきこもり支援活動紹介
新しいウィンドウで開く

スポンサーリンク

NEXT≫
最近の記事
カテゴリー
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
RSSフィード
本など
「ニート」って言うな! (光文社新書)

若年者就業の経済学
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
109位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
8位
アクセスランキングを見る>>
リンク
このサイトについて

このサイトはリンクフリーです。張るのも剥がすのもご自由になさってください。相互リンクは現在募集しておりません。

携帯用アドレスを取得されたい方は、「こちら」をクリックしてください。

このブログのリンク先のご利用につきましては、ご自身の責任のもとでお願いします。なお、本等のリンクについては、Amazon.co.jpのアフィリエイトプログラムを導入しています。

なお、「富条」はハンドルネームです。本名は全く違う名前です。

メールは nhjournal77@yahoo.co.jp まで。