介護保険で、看護師が引きこもり者の家庭を訪問

訪問先に、たまたま引きこもりの成人の子供が……


訪問看護師が、引きこもり者の家庭を訪問することが増えているという声があります。介護保険の利用で、高齢者のケアのために訪問したところ、たまたま家庭に引きこもりの成人の子供がいたということのようです。背景にあるのは、引きこもり者の親の高齢化でしょう。

↓ 科学研究費助成データベース KAKEN へのリンクです。
◇ ひきこもり者の高齢の親が抱える問題の抽出と支援に関する質的研究 (新しいウィンドウで開く

この描写などは、生々しいです。

訪問時間になると、看護師の視野に入らない部屋に移動する気配が感じられたりといった状況で存在が確認される等のケースは珍しくない。

そういえば、似たようなお話を読んだことがあります。S市でのある研究では、介護保険サービス事業所で働くケアワーカーの4割以上が、ここ1年で中高年化したニートがいるお宅を担当したことがあったそうです。

↓ 詳しくは、こちら。
◇ 親が介護を要する状態にある中高年ニートの存在 (新しいウィンドウで開く

訪問看護師のケアに、引きこもりへの解決策が含まれる場合も


ところで、先程の科研費の研究ですが、私にはこの一節が気になります。

訪問看護師はケアが必要な当事者だけをケアするのではなく、家族全体をケアの対象としてアセスメントしている。従って、訪問看護師のケア実践には、親だけではなく、ひきこもり者が困窮している問題の解決策が含まれていたり

引きこもり者の親のために訪問した看護師が、成人した子供の引きこもり問題に関わる場合があるようです。その中には、引きこもりの支援機関とつながりが持たない例もあるでしょう。それが、こうしたかたちで訪問看護師のケアの対象とされるのだとしたら、妙な巡り合わせです。

我が家にしても、将来のことは分からず、親が寝たきりになったり、私が完全に引きこもりに戻ったりといったことになることもあり得ます。身につまされる話です。もし私がそうなったら、自分の身の事で外部の方に関わられるのは避けたい一方で、何らかの支援がいただけるならありがたくもあり、複雑な心境になるかもしれません。

スポンサーリンク

people with hikikomori

people with hikikomori という英語表現


people with hikikomori

という英語表現があります。これを、日本語に訳すとどうなるのでしょう。

正解は、「引きこもりの人々」「引きこもっている人々」といったところのようです。引きこもり当事者を表す英語表現は様々ですが、このように表現される場合もあります。

おそらくこれは、"people with (障害や病気)" という英語表現の変形ではないかと思います。例えば、 "people with disabilities" は「障害がある人」という意味です。同様に、次のような表現があります。

○ "people with cancer" 「癌患者」
○ "children with autism" 「自閉症児」
○ "children with selective mutism" 「場面緘黙児」

※ 場面緘黙症は、学校など特定場面で長期間にわたって声が出ず、話せない不安症(不安障害)です。

まず人がいて、そこに……


"people with (障害や病気)" という表現は、私は常々興味深いと感じています。例えば "people with disabilities" だと、まず人がいて、そこに障害がくっついている印象を私は受けます。人と障害は別々という印象です。ですから、訳すとすれば「障害者」というよりは「障害がある人」の方が近いような気がします(意味は同じなんですけれども)。

私が特別な関心を寄せる場面緘黙症などは、長期化すると、緘黙を自分のアイデンティティにする人もいます。一方、英語圏では、緘黙をアイデンティティと考えるべきではないという意見を目にすることがあります。 "children with selective mutism" "children with SM" と書くと、子どもと緘黙は別々という印象を受けます。

people with hikikomori という英語表現はどうなのでしょう。人と引きこもりを分けているように感じられる点は、やはり興味深く思います。ただ、理由は分からないのですが、どこか違和感が私にはありちます。引きこもりそのものは障害や病気ではなく状態を表すものなので、もしかしたらそこが違和感の原因かもしれません。ただ、同じように状態を表す不登校については、students with school refusal とか children with school refusal などという言い方はあるので、その点もおかしくはありません。結局、よく分かりません。

スポンサーリンク

実年齢より老化している

「肉体年齢」「内臓年齢」「血管年齢」……


引きこもりの高年齢化が、以前から指摘されています。これは「80・50問題」とも言われるように、注目すべきは引きこもり当事者の高齢化だけではありません。その当事者を支えている場合が多い、親の高齢化にも注目すべきです。

この年齢というものについて、最近少し考えるところがあります。先日、たまたまテレビを見ていたところ、とあるマラソン大会に最年長で出場される男性が取り上げられていました。お齢は80代だったか90代だったか、はっきり覚えてはいないのですが、実年齢とは比べられないほどお若そうな方でした。きっとこの方は「肉体年齢」が実年齢より、大分お若いのでしょう。

このように、人体の各部位の機能?に注目すると、「肉体年齢」「内臓年齢」「血管年齢」「肌年齢」など、実年齢とは別に様々な年齢があります。こうした年齢は、専門的な機械や検査か何かによって明らかになることがあるそうです。実年齢とこれらは必ずしも一致しません。例えば、実年齢は30代なのに、肉体年齢は50代という人も中にはいるかもしれません。

実年齢よりかなり老化していた!


先日、私の親が病院で検査を受けたところ、この点について指摘を受けました。実年齢に比べて「○○年齢」がかなり老化しており、後期高齢者(あまりいい言葉ではないかもしれませんが)ぐらいの水準にあるというのです。この話を聞いて親も私も、ちょっとショックを受けてしまいました。親の見た目から、親自身も私も、そんなに老化が進んでいるものとは思っていなかったのです。「○○」年齢なんて、見た目では分かりません。

最近、親は肉体面での衰えを感じ始めていて、家事の一部を私に代行させるようになってきています。それが今回のことで、私は今までよりさらに親の身体に配慮して、家事手伝いを行なっていかなければならないと考えるようになりました。

ただ、高年齢化が進むのは私だってそうです。私の場合はどうなのでしょう。運動不足なので「肉体年齢」は、実年齢よりかなり老けているのではないかと思います。一方、「精神年齢」は大分若そうです(悪い意味で)。

スポンサーリンク

NEXT≫
最近の記事
カテゴリー
カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
RSSフィード
本など
「ニート」って言うな! (光文社新書)

若年者就業の経済学
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
154位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
11位
アクセスランキングを見る>>
リンク
このサイトについて

このサイトはリンクフリーです。張るのも剥がすのもご自由になさってください。相互リンクは現在募集しておりません。

携帯用アドレスを取得されたい方は、「こちら」をクリックしてください。

このブログのリンク先のご利用につきましては、ご自身の責任のもとでお願いします。なお、本等のリンクについては、Amazon.co.jpのアフィリエイトプログラムを導入しています。

なお、「富条」はハンドルネームです。本名は全く違う名前です。

メールは nhjournal77@yahoo.co.jp まで。