休眠預金等活用審議会が開催中、若者関係団体にもヒアリング

覚えていらっしゃるでしょうか?休眠預金の一部が、引きこもりやニート支援に使われるかもしれないことを。

「休眠預金活用法」が2016年12月に成立しました。10年以上放置された預金を「公益に資する活動」に使うことを目的としたものです。メディアでも大きく報じられたので、ご存じの方も多いだろうと思います。

この公益に資する活動とは何でしょう。法律には次のように規定されています。

第十七条  前条第一項の「公益に資する活動」とは、次に掲げる活動をいう。
 子ども及び若者の支援に係る活動
 日常生活又は社会生活を営む上での困難を有する者の支援に係る活動
 地域社会における活力の低下その他の社会的に困難な状況に直面している地域の支援に係る活動
 前三号に準ずるものとして内閣府令で定める活動

第一項に「子ども及び若者の支援に係る活動」とありますが、「子ども・若者」は行政用語で、これには引きこもりやニートも含まれます。つまり、休眠預金等の一部が、引きこもりやニート支援に使われるかもしれないのです。

現在、休眠預金等活用審議会が開催されています。7月12日から13日にかけては、各団体・有識者からのヒアリングが行なわれました。子ども及び若者の支援に係る活動に関係する団体からもヒアリングが行なわれており、この中にはやはり引きこもりやニート関係の団体もあります。

↓ 内閣府ホームページへのリンクです。
◇ 民間公益活動促進のための休眠預金等活用 (新しいウィンドウで開く
◇ 休眠預金等活用審議会ヒアリング (新しいウィンドウで開く

ヒアリングの対象となった団体は、休眠預金等の活用先として選ばれた団体ではありません。ヒアリングは多様な意見が適切に反映されるよう配慮を行なったもので、休眠預金等の活用先は、これとは別に選定されるようです。審議会の議論は、今後の引きこもりやニート支援にも関わるものであり、その行方に注目したいです。

スポンサーリンク

夏場で高齢の親が疲労、手伝い増える

夏場に入り、手伝いがさらに増える


親の手伝いをする機会が、ここにきてますます増えています。

我が家は母子家庭です。親も、同居する引きこもりがちの息子(私)も、ともに齢を重ねてきています。特に親は高齢者の域に入り始めており、体力が落ち出しています。このため、これまで親が行なってきた家事の一部を、私が代わりにする機会が最近増えていました。これまでの親は「あんた(息子の私)は頼りにならん」として、私への手伝いを任せずにきたのですが、そうも言っていられなくなってきたのです。

その手伝いが、夏に入ってさらに増えているのです。原因は暑さです。この暑さで、高齢の親に疲れが蓄積され、家事に影響が出ているからです。

例:車の運転


例えば、車で遠出をする際に、私が同行することが増えてきています。疲れなどにより親が運転に自信が持てなくなった時は、私に代わりの運転を任せるのです。他の手伝いと違って車の運転であれば、高齢の親よりも、若い息子の私の方が上手くできそうという判断もあるのだろうと思います。

買い物の付き添いをすることも増えてきました。私がスーパーマーケットまで車で運転し、買い物は親が行なうのです。親がさらに高齢になると、買い物そのものも私に任せるようになるかもしれません。もっとも、スーパーの店内を見渡すと、私の親よりもずっと高齢の方がショッピングカートを引いていることも珍しくないので、それはまだ先の話になるかもしれません。ただ、お米や飲料物など重いものの買い物は、私が代わりに任されることもあります。

夏はまだこれからが本番です。これから、ますます私の家事手伝いが重要になってくるでしょう。

スポンサーリンク

ゲームが一因で、若者が働かなくなった?(米)

ゲーム技術の進歩で、余暇の価値が上がった?


ゲームが一因で、若者が働かなくなっているのではないかーー

アメリカでは、こんな話があるそうです。

↓ 『ウォールストリートジャーナル』日本語版へのリンク。
◇ ゲームに没頭で無職、米の若い男性に増加 (新しいウィンドウで開く

↓ ワーキングペーパー。全米経済研究所へのリンク。英文。
◇ Leisure Luxuries and the Labor Supply of Young Men (新しいウィンドウで開く

↓ Chicago Booth Review という、シカゴ大学ブース・ビジネス・スクール関係のウェブサイトへのリンク。英文。
◇ Video killed the radio star (新しいウィンドウで開く

アメリカでは、男性の非熟練労働者の就業率が特に減少しています。一方で、同じ層がゲームをする時間は多いです。

非熟練労働者は、働いてもあまり所得は得られません。少ない所得から消費をしても、あまり満足度は得られません。一方、現代のゲームは質が向上していて、余暇にゲームをして過ごすことから得られる満足度は高くなっているものと思われます。この2つの満足度を比べ、働かずにゲームをするという選択をする者が多くなったのではないかということのようです。

「留保賃金」という用語が、経済学にあります。この賃金なら働いてもよいという賃金水準のことです。ゲームなど余暇を楽しめるテクノロジーが、この留保賃金を引き上げたのではないかという趣旨の説明もなされています。

これは実に経済学的な考え方で、大学で経済学を先行した私にとっては興味深く思われます。ただ、この説の真偽は私には分かりません。

私の場合、無業生活が下手に根付くと、就労の際に未練も


アメリカの話は置いておいて、私個人の話をしましょう。引きこもりなど長期無業状態に陥り、その生活が根付いてしまうと、就労をする段になるとこれまでの生活に未練のような感情が起こってしまうことがあります。

例えば、引きこもりながらもブログを書き続け、そこで一定のアクセス数を得たり、人とのつながりができたりしたとしましょう。ですが、いざ働こうとすると、ブログの更新が滞る可能性が出てきます。これまでのブログ運営で得たものを失ってしまうかもしれないのです。そこで、後ろ髪引かれるような感情になってしまうのです。

無業のままブログを続けるよりも就労した方がいいに決まっていると頭では分かっています。ですが、感情が必ずしもついていきません。

「無業生活には何もなかった、自分に失うものは何もない」という方が、私の性格の場合、就労を考えるには踏ん切りがつきやすいような気がします。アメリカでゲームに時間を費やす無業者の中には、こういう人も中にはいるかもしれないと思いましたが、根拠は全くありません。

ただ、私の場合、ブログに未練を感じつつも、それを理由に就労しないという選択をするまでには、まだ至っていません。ですので、「そうか!じゃあ富条さんが就労できるように、このブログの読者をやめよう!」と考えていただかなくても大丈夫です。

スポンサーリンク

NEXT≫
最近の記事
カテゴリー
カレンダー(月別)
06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
RSSフィード
本など
「ニート」って言うな! (光文社新書)

若年者就業の経済学
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
109位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
8位
アクセスランキングを見る>>
リンク
このサイトについて

このサイトはリンクフリーです。張るのも剥がすのもご自由になさってください。相互リンクは現在募集しておりません。

携帯用アドレスを取得されたい方は、「こちら」をクリックしてください。

このブログのリンク先のご利用につきましては、ご自身の責任のもとでお願いします。なお、本等のリンクについては、Amazon.co.jpのアフィリエイトプログラムを導入しています。

なお、「富条」はハンドルネームです。本名は全く違う名前です。

メールは nhjournal77@yahoo.co.jp まで。