ニート(非運動性活動熱産生)

NEAT: Non-Exercise Activity Thermogenesis


ニートには「非運動性活動熱産生」(NEAT: Non-Exercise Activity Thermogenesis)という意味もあるそうです。

これは、日常生活で消費される代謝のことを言うそうです。ジョギングをするといったような特別な運動ではなく、立つとか、階段の昇り降りとか、そういった日常生活の身体活動によるものです。

ニートには既にある程度知られている言葉らしく、ネットで検索すると解説記事が色々とヒットします。

↓ そのうちの一つ。日本糖尿病協会 Facebook ページへのリンクです。Facebook に登録されていない方でもご覧になれます。
◇ 【エクササイズ】NEATを増やしましょう!
新しいウィンドウで開く

↓ そのうちの一つ。「NIKKEI STYLE」へのリンクです。この記事では、ニートに「非運動性身体活動時代謝」という、違う訳語を当てています。
◇ 脂肪を落としたい人が意識すべき「ニート」って何?
新しいウィンドウで開く

ニートは和製英語ではなく、海外の学術論文にも登場する専門用語です。

◇ 医学系文献データベース PubMed で検索
新しいウィンドウで開く

以下は、内分泌疾患に関する英語情報サイト Endotext による解説です。ニートが肥満で果たす役割について、専門家が執筆しています。

◇ The Role of Non-exercise Activity Thermogenesis in Human Obesity
新しいウィンドウで開く

ニートを増やすことは、肥満の防止に役立つとも言われます。ジョギングなどの特別な運動をするだけが、肥満防止だけではないのです。

ニートのニート


私がこのブログで普段お話しているニートは、NEET(Not in Education, Employment, or Training)のことです。一口にニートといっても様々な人がいますが、引きこもりのような生活をしていると、ニート(非運動性活動熱産生)はあまり高まりそうになさそうです。

例えば、私は時々親の手伝いにスーパーマーケットの買い物に連れ沿うのですが、買い物中、店内を意外に歩き周ります。最近のスーパーは売場面積が広くて品数も多いです。それだけでも、家事をする人は、引きこもりがちな私よりもだいぶニートが多いことが窺えます。逆に、家事をせずに自室を中心に、特に座りがちな生活を送っていると、ニートは増えません。

私が何ヶ月か前から続けているのは、パソコンや携帯端末を使う際に、立ちながらする時間を作ることです。スタンディングデスクを買うのは高くつくので、主にあり合わせのもので代用し、その台の上でパソコンや携帯端末をします。携帯端末の場合、その台の上にミニスタンドを置いて、端末を立てかけて使うと、長時間立ちながらできます。これなら、自室で引きこもりながらでも可能です。少しはニートを増やすことができるかもしれません。ただし、準備をする際、台に使えそうなものを探すために外に出たりする必要が出てくる場合もあるかもしれません。

関連記事


◇ 自室で立ちながらパソコン
新しいウィンドウで開く

◇ 立ちながら引きこもると、痩せるか?
新しいウィンドウで開く

◇ NEET (National Eligibility-cum-Entrance Test)
新しいウィンドウで開く

スポンサーリンク

最近の記事
カテゴリー
カレンダー(月別)
08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
RSSフィード
本など
「ニート」って言うな! (光文社新書)

若年者就業の経済学
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
108位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
8位
アクセスランキングを見る>>
リンク
このサイトについて

このサイトはリンクフリーです。張るのも剥がすのもご自由になさってください。相互リンクは現在募集しておりません。

携帯用アドレスを取得されたい方は、「こちら」をクリックしてください。

このブログのリンク先のご利用につきましては、ご自身の責任のもとでお願いします。なお、本等のリンクについては、Amazon.co.jpのアフィリエイトプログラムを導入しています。

なお、「富条」はハンドルネームです。本名は全く違う名前です。

メールは nhjournal77@yahoo.co.jp まで。