日本のひきこもり研究が英語化されてる

ひきこもりは海外でも多少知られているようで、中には、ひきこもりに学術的な関心を寄せる人もいます。

なぜか私の元にも、海外の学部学生から、日本のひきこもりを研究テーマにしたいということで、情報提供の依頼を英文メールを通じて以前より時折受けてきました。しかし、日本のひきこもりに関する文献はほとんど日本語のものばかりだったので、返答に窮してしまうのが常でした。海外の人にとっては、言葉の壁により、日本のひきこもり研究に接するのは簡単なことではなさそうです。

ですが、このところ、日本のひきこもりに関する研究のいくつかが、英語圏の学術雑誌に掲載されています。あまり知られてないと思うので、その一部をご紹介します。

※ 多くは、abstract しか読んでいません。恐縮です。PubMed へのリンクを貼ってあります(新しいウィンドウは開きません)。

○ Kondo, N., Sakai, M., Kuroda, Y., Kiyota, Y., Kitabata, Y., & Kurosawa M (2012). General condition of hikikomori (prolonged social withdrawal) in Japan: Psychiatric diagnosis and outcome in mental health welfare centres. International Journal of Social Psychiatry, International Journal of Social Psychiatry, doi: 10.1177/0020764011423611.

厚生労働省の「ひきこもりの評価・支援に関するガイドライン」作成のために行われた『思春期のひきこもりをもたらす精神科疾患の実態把握と精神医学的治療・援助システムの構築に関する研究』の中の「思春期ひきこもりにおける精神医学的障害の実態把握に関する研究」を英文化したものと思われます。ひきこもりの大半に精神疾患が背景があると言う場合に、この研究が引き合いに出されることがあります。

○ Koyama, A., Miyake, Y., Kawakami, N., Tsuchiya, M., Tachimori, H., Takeshima, T.; World Mental Health Japan Survey Group, 2002-2006. (2010). Lifetime prevalence, psychiatric comorbidity and demographic correlates of "hikikomori" in a community population in Japan. Psychiatry Research, 176(1), 69-74.

『こころの健康についての疫学調査に関する研究』の中で行われた「地域疫学調査による『ひきこもり』の実態と精神医学的診断について-平成14年度~平成17年度のまとめ-」を英文化したものと思われます。ひきこもりは少なくとも全国で26万世帯という推計が引き合いに出されることがありますが、その元はこれです。

○ Kato, T.A., Shinfuku, N, Sartorius, N., Kanba, S. (2011). Are Japan's hikikomori and depression in young people spreading abroad? Lancet, 378(9796), 1070.

Lancet という権威ある医学雑誌に掲載されたものです。国際調査なので、日本のひきこもり研究とは必ずしも言えませんが、日本の研究者が中心らしいです。ひきこもりだけでなく、現代型うつについても調査を行っています。

* * * * * * * * * *

近年、日本以外の国における、ひきこもりの存在が指摘されています。このところ、ひきこもりに関する研究が英文学術雑誌に掲載されるようになった背景は私の知るところではありませんが、こうした流れには合っていると思います。私もこれからは、日本のひきこもりを研究テーマにしたいという英文メールに頭を抱えることも少なくなるかもしれません。

スポンサーリンク

トラックバック

まっとめBLOG速報 - 2012年11月20日 16:00

まとめ【日本のひきこもり研究】

ひきこもりは海外でも多少知られているようで、中には、ひきこもりに学術的な関心を寄せる人もいます。な

URL :

最近の記事
カテゴリー
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
RSSフィード
本など
「ニート」って言うな! (光文社新書)

若年者就業の経済学
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
152位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
9位
アクセスランキングを見る>>
リンク
このサイトについて

このサイトはリンクフリーです。張るのも剥がすのもご自由になさってください。相互リンクは現在募集しておりません。

携帯用アドレスを取得されたい方は、「こちら」をクリックしてください。

このブログのリンク先のご利用につきましては、ご自身の責任のもとでお願いします。なお、本等のリンクについては、Amazon.co.jpのアフィリエイトプログラムを導入しています。

なお、「富条」はハンドルネームです。本名は全く違う名前です。

メールは nhjournal77@yahoo.co.jp まで。