私の娯楽との向き合い方

娯楽に過度に没入するのは問題だろうと思います。特に、現実の生活がうまくいっていない状況で依存までしてしまうのは、現実逃避かもしれないと思います。もっとも、これはあくまで個人的な考えで、他の方に押し付けるつもりはありません。

娯楽を楽しむことそのものは、悪いこととは全く思いません。適度に娯楽で気晴らしをすることができれば、ストレス解消や、長期的な精神の安定にもつながるでしょう。こうした心のゆとりを持つことができれば、それは一つの理想だろうと思います。また、娯楽を通じて人間の幅を広げることもできるかもしれません。ですが、これはあくまで余暇に楽しむものではないかと思います。もっとも、こんなことを言っていられるのは、私がある程度健康だからでしょう。

* * * * * * * * * *

ひきこもっていたり、ニートの状態にあったりすると、私の場合、自由な時間が多くなる傾向があります。こうなると、娯楽にのめりこもうと思えば、どこまでものめりこむこともできます。室内で楽しめ、かつ、お金がかからない娯楽であれば、ひきこもり者でも入れ込むことができます。

ですが、私は上のように考えてしまうので、娯楽を楽しむにもどこかで線を引かなければならないとか、娯楽よりも他にやるべきことがあるだろうなどと考えてしまいます(損な性格です)。そうして、多少は働けるようになってから、思い切って娯楽に時間とお金を投じたりするのですが、なんだか長年我慢していた反動のようで、これもこれであまり健全ではないような気もしないまでもありません。なかなか難しいものです。

※ GW中は、姉妹サイトをスマートフォン対応にするのに没頭していました。今年もGWらしいこと、何もしていません……。

スポンサーリンク

トラックバック

URL :

最近の記事
カテゴリー
カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
RSSフィード
本など
「ニート」って言うな! (光文社新書)

若年者就業の経済学
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
116位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
6位
アクセスランキングを見る>>
リンク
このサイトについて

このサイトはリンクフリーです。張るのも剥がすのもご自由になさってください。相互リンクは現在募集しておりません。

携帯用アドレスを取得されたい方は、「こちら」をクリックしてください。

このブログのリンク先のご利用につきましては、ご自身の責任のもとでお願いします。なお、本等のリンクについては、Amazon.co.jpのアフィリエイトプログラムを導入しています。

なお、「富条」はハンドルネームです。本名は全く違う名前です。

メールは nhjournal77@yahoo.co.jp まで。