学校時代の負の感情から距離

学校時代の思い出というと、いじめなど、あまりいいものがありません。不登校にこそならなかったものの、学校時代の多くの部分は忍従の日々で占められていて、それに伴う学校時代への負の感情は卒業後も長年引きずっていました。ですがこの頃は、そのことにあまり気にならなくなってしまいました。

今や、学校時代の苦しい思い出にとらわれることは、以前に比べるとずいぶんと減りました。いいことか悪いことか分からないのですが、今やおじさんと言われてもおかしくない年齢になって、学校時代のことにこだわっても仕方がないと思うようになりました。

もっとも、昔のいじめっ子に対するある種の感情など、まだ完全にはとけていないわだかまりもあります。学校卒業後に昔の同級生と会う機会がないと、当時の同級生に対する感情は、正の感情にしても負の感情にしてもなかなか変わらないのかもしれません。これもそのうち何とも思わなくなるのか、老人になるまで引きずるのか、まだ私には分かりません。

このように学校時代の負の感情から距離を置くようになった理由は、はっきりとは分かりません。単に時間が解決したのかもしれません。もしくは、実は私は姉妹ブログで自分の学校時代についてだらだらと書き綴ってきたのですが、そうする中で、長年の鬱屈とした感情が晴れたのかもしれません。そもそも、私が経験した忍従と思っていたものが、ひょっとしたら案外大したことのないものだったのかもしれません。引きずらざるを得ない経験をした人だっているでしょう。

スポンサーリンク

トラックバック

URL :

最近の記事
カテゴリー
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
RSSフィード
本など
「ニート」って言うな! (光文社新書)

若年者就業の経済学
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
109位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
8位
アクセスランキングを見る>>
リンク
このサイトについて

このサイトはリンクフリーです。張るのも剥がすのもご自由になさってください。相互リンクは現在募集しておりません。

携帯用アドレスを取得されたい方は、「こちら」をクリックしてください。

このブログのリンク先のご利用につきましては、ご自身の責任のもとでお願いします。なお、本等のリンクについては、Amazon.co.jpのアフィリエイトプログラムを導入しています。

なお、「富条」はハンドルネームです。本名は全く違う名前です。

メールは nhjournal77@yahoo.co.jp まで。