こわごわと卵を割って、オムレツを作る

「卵を割らなければ、オムレツは作れない」という格言が西洋にあるそうです。日本でもある程度知られていて、「蒔かぬ種は生えぬ」と同義と解説されたり、時に投資格言として紹介されたりします。解釈は様々でしょうが、私は、リスクをとったりコストをかけたりしなければ、リターンもないという意味にとることが多いです。

脱ひきこもりのために一歩前進しようとか、何か新しい行動を起こそうとした時、私は時々この言葉が頭に浮かびます。私は何か新しいことを始めるのが苦手で、失敗への強い不安に駆られたり、新たなことのために費やしたお金が無駄に終わってしまう可能性を気にしたり、そうしたことがとても多いです。こういうときに、「そうだった、卵を割らなければオムレツは作れないという言葉があった。失敗したり、お金が無駄になったりするかもしれないけれども、それは新しい行動を起こすためには仕方がないことなんだ」などと、いい意味で諦め、気持ちが少し楽になることがあります。

■ だが、こんな格言だけでは動き出せない

ですが、不安を感じやすい性格の私が、こんな格言だけで気が休まり、脱ひきこもりのための新しい行動を起こすことができるはずがありません。これを補うべく、まず、事前の情報収集に力を入れます。今はインターネットという便利なものがあります(ただ、情報を鵜呑みにはしないように)。次に、新しいことを始めるにも、いきなり難しいことを始めるのではなく、何段階にも分けてスモールステップで進む方法を考えます。こうしたことによって、新しいことを始めることに伴うリスクやコストを予め減らすのです。不安が強い性格のせいか、こうしたことには自然に力が入ってしまいます。

■ 何度リターンを得て成功体験を積んでも、なかなか不安は消えない

このように、多少のリスクをとったりコストをかけたりしながら、時間がかかりながらも、脱ひきこもりのために一歩一歩新しいことにチャレンジしてきました。得たものもあれば失ったものもありますが、今のところは得たものの方が大きいと感じています。ですが、こうしたことを何度繰り返しても、未経験のことに踏み込むのはいまだに苦手です。オムレツを食べる楽しみより、卵を割るリスクとコストばかりを気にしてしまう、不安が強い性格なのでしょう。困った性分です。

スポンサーリンク

トラックバック

URL :

最近の記事
カテゴリー
カレンダー(月別)
06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
RSSフィード
本など
「ニート」って言うな! (光文社新書)

若年者就業の経済学
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
104位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
7位
アクセスランキングを見る>>
リンク
このサイトについて

このサイトはリンクフリーです。張るのも剥がすのもご自由になさってください。相互リンクは現在募集しておりません。

携帯用アドレスを取得されたい方は、「こちら」をクリックしてください。

このブログのリンク先のご利用につきましては、ご自身の責任のもとでお願いします。なお、本等のリンクについては、Amazon.co.jpのアフィリエイトプログラムを導入しています。

なお、「富条」はハンドルネームです。本名は全く違う名前です。

メールは nhjournal77@yahoo.co.jp まで。