ニート、ひきこもり、不登校等支援の予算が半減?

「平成25年版 子ども・若者白書」が、昨日6月18日に閣議決定されました。

主要メディアは一斉にこれを報じましたが、どこも判を押したかのように、ニートの割合が最多に達した箇所を最も大きく取り上げていました。ですが、内閣府青少年担当のツイッターは、「特集『地域の青少年育成活動』」も取り上げて欲しかったそうです。

↓ 内閣府青少年担当のツイッターです。
https://twitter.com/cao_deyp/status/346861281275416576
新しいウィンドウで開く

https://twitter.com/cao_deyp/status/346861431486042112
新しいウィンドウで開く

白書を見てみると、なるほど、ニート人口の話題に限らず、子ども・若者について政策当局の視点から広範囲にまとめられています。参考資料も含めると258ページにもわたる内容ですが、その中でニート人口についての記述はわずか1ページほどです。

ところで、私が白書の中で気になったのは、参考資料の「子ども・若者育成支援施策関係予算の概要」です。これによると、「ニート、ひきこもり、不登校の子ども・若者への支援等」のために計上された予算額が、平成25年度に半減しています。

平成23年度 3,940百万円
平成24年度 4,204百万円
平成25年度 2,190百万円

いったいどうしてこのような極端な減少に至ったのでしょうか。ですが、額だけを見てどうこう考えることは私にはできません。詳細を知りたいところです。

[関連ページ]

↓ 内閣府ホームページへのリンクです。
◇ 子ども・若者白書(旧青少年白書)について
新しいウィンドウで開く

スポンサーリンク

トラックバック

URL :

最近の記事
カテゴリー
カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
RSSフィード
本など
「ニート」って言うな! (光文社新書)

若年者就業の経済学
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
104位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
5位
アクセスランキングを見る>>
リンク
このサイトについて

このサイトはリンクフリーです。張るのも剥がすのもご自由になさってください。相互リンクは現在募集しておりません。

携帯用アドレスを取得されたい方は、「こちら」をクリックしてください。

このブログのリンク先のご利用につきましては、ご自身の責任のもとでお願いします。なお、本等のリンクについては、Amazon.co.jpのアフィリエイトプログラムを導入しています。

なお、「富条」はハンドルネームです。本名は全く違う名前です。

メールは nhjournal77@yahoo.co.jp まで。