固定メンバーの居場所は、新規参加しづらい?

「あの施設って、どういうところなんですか」ひきこもりの当事者や支援施設職員に、一時期、よく質問されました。

私はひきこもり等を対象とした支援施設に何か所も通ってきました。おかげで、地元の主要施設はだいたい通所経験があります。こうした当事者は、私の近辺ではそうはいませんでした。このため、「施設に関する情報は富条さんが詳しい」と周囲から見られるようになり、こうした情報を、当事者はもちろん、支援に携わる職員にまで尋ねられるようになりました。もっとも、このように尋ねられたのは、私の情報が頼りにされていたというよりはむしろ、単に他に話題がなかったからかもしれません(せっかく施設で当事者たちと会っても、お互い話題に困り、沈黙してしまいそうになってしまうことも多いのです)。

* * * * * * * * * *

「あの居場所に通うのはちょっと……」あるとき、私にこう話すひきこもり当事者がいました。理由を聞いてみると、「だって富条さん、あの施設に通う当事者は、メンバーがだいたい固定してるって話してたでしょう?そういうところには、入って行きにくい」一字一句忠実に再現したわけではありませんが、その方は、だいたいこういう趣旨の話をしていました(ずいぶん前の話です)。

施設に関する情報を話す中で、予想外の反応が返ってきたので印象的でした。施設にどっぷり浸かっている私からは、長い間利用者がほぼ変わらず固定しているからといってどうとも思わなかったのですが、外から見るとこのように感じられるのは、もっともなところです。自分の知っている施設に関する情報を施設利用経験のない人に話して感想を聞くことにより、その施設について新たな発見を得ました。それにしても、このようにメンバーが固定しがちなひきこもりの居場所があるとしたら、そこに対人関係で不安を抱えがちなひきこもりの人が新たに参加しやすいようにするには、一体どうすればよいのでしょう。

スポンサーリンク

トラックバック

URL :

最近の記事
カテゴリー
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
RSSフィード
本など
「ニート」って言うな! (光文社新書)

若年者就業の経済学
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
127位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
9位
アクセスランキングを見る>>
リンク
このサイトについて

このサイトはリンクフリーです。張るのも剥がすのもご自由になさってください。相互リンクは現在募集しておりません。

携帯用アドレスを取得されたい方は、「こちら」をクリックしてください。

このブログのリンク先のご利用につきましては、ご自身の責任のもとでお願いします。なお、本等のリンクについては、Amazon.co.jpのアフィリエイトプログラムを導入しています。

なお、「富条」はハンドルネームです。本名は全く違う名前です。

メールは nhjournal77@yahoo.co.jp まで。