支援施設近くに、こんな案内があったら

ひきこもりの居場所 『ひきこもり倶楽部』 3F上がってすぐ
「ひきこもりの居場所 『ひきこもり倶楽部』 3F上がってすぐ」

勇気を出してひきこもりの居場所に通おうとしたとき、こんな目立つ案内が居場所の近くにあったら、どうでしょうか。

特に初めて来る人の場合、分かりやすくはあります。私が通ったある居場所は所在地が分かりにくく、初めて行ったときは迷子になりそうでした。そんな経験をした私にとっては、有難いようにも思えます。

反面、私のような周囲の目を気にする人間の場合、これでは3階には上がりにくそうな気もします。特に周囲に人が多い場合はそうです。3階に行けば、「私はひきこもりです」と公言しているようなものだからです。

ついでに言うと、ひきこもりの居場所の名称を「ひきこもり倶楽部」とするネーミングセンスにも賛否が分かれるところだろうと思います。確かにこれは分かりやすくはあります。ですが、居場所の名前に「ひきこもり」が入ってしまうと、利用者がラベリングされている印象を強く受けてしまいます。実際のところ、ひきこもり支援というものが行われている以上、ラベリングは確かになされてはいるのですが、居場所の名称にまで「ひきこもり」が入ってしまうと、ラベリングの印象を強く受けてしまいます。こうした理由からか、ひきこもり等の居場所や支援施設には、敢えて「ひきこもり」「ニート」を名称に含めていないところもあります。

私自身は、冒頭のような案内を実際に見たことがあります。ひょっとしたら全国の他の施設にも似た例があるかもしれないと思い、記事にしてみました。

スポンサーリンク

トラックバック

URL :

最近の記事
カテゴリー
カレンダー(月別)
08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
RSSフィード
本など
「ニート」って言うな! (光文社新書)

若年者就業の経済学
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
171位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
12位
アクセスランキングを見る>>
リンク
このサイトについて

このサイトはリンクフリーです。張るのも剥がすのもご自由になさってください。相互リンクは現在募集しておりません。

携帯用アドレスを取得されたい方は、「こちら」をクリックしてください。

このブログのリンク先のご利用につきましては、ご自身の責任のもとでお願いします。なお、本等のリンクについては、Amazon.co.jpのアフィリエイトプログラムを導入しています。

なお、「富条」はハンドルネームです。本名は全く違う名前です。

メールは nhjournal77@yahoo.co.jp まで。