物憂いお盆

お盆は、長期無業の者には少し物憂い時期です(あくまで私個人の経験上)。 私はたまに外出する程度のひきこもりでしたが、毎年家族とともに親戚回りをしてきました。

まず、無業状態が何年も続く中で親戚に会うのは、世間体が気になってやりづらいものがあります。それに、 たまに外出する程度のひきこもりとはいっても、深い対人交流を伴う場所は普段避ける傾向があり、このためお盆の親戚回りは慣れないことでした。

また、親戚に会うと、噂話に巻き込まれます。あの人はすごい出世したとか、あの子はどこの高校に進学したとか、近所の誰々が何をしたとか、会ったこともない親戚や近所の噂話です。当然、私自身のことも噂として広まっているふしがあり、ますます恥ずかしい気分になります。 家族からは、帰りの車の中で「(仕事に就いていない)あんたのせいで恥かいたじゃないの!」などと怒られることもありました。こうした噂話は親戚同士会うから自然に多くなるのか、それともうちの親戚には平家の落人が隠れ住んだとも言われる人里離れた場所に住んでいる人が多いから特別なのか、その理由は分かりません。

ただ、私は親戚から無職であることを責められたことが不思議なことにありません。毎年親戚回りの度にこのことを心配するのですが、杞憂に終わっています。親戚とはいえ他の家のことにまで口は出さないものなのか、それともうちの親戚や家系には昔から無職になったり精神疾患にかかったり人が多かったから特別なのか、その理由は分かりません。

お墓参りも、少し物憂いです。ご先祖のお墓の前で、長期ひきこもりのこの身で現れるのは、ご先祖にいつも申し訳ない気がします。もっとも、私が家や親戚の宗派(仏教)の教義では、お墓は亡きご先祖を祀るものではなく、そもそもお盆の日に故人が帰ってくるという考え方も本当はないのだそうで、特別気にすることもないのかもしれません。

スポンサーリンク

トラックバック

URL :

最近の記事
カテゴリー
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
RSSフィード
本など
「ニート」って言うな! (光文社新書)

若年者就業の経済学
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
144位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
11位
アクセスランキングを見る>>
リンク
このサイトについて

このサイトはリンクフリーです。張るのも剥がすのもご自由になさってください。相互リンクは現在募集しておりません。

携帯用アドレスを取得されたい方は、「こちら」をクリックしてください。

このブログのリンク先のご利用につきましては、ご自身の責任のもとでお願いします。なお、本等のリンクについては、Amazon.co.jpのアフィリエイトプログラムを導入しています。

なお、「富条」はハンドルネームです。本名は全く違う名前です。

メールは nhjournal77@yahoo.co.jp まで。