若年無業者等集中訓練プログラム事業

主にニートの若者の就労支援を行う「地域若者サポートステーション(サポステ)」という施設(厚生労働省委託)が全国にあるのですが、このサポステの一部が今年度から「若年無業者等集中訓練プログラム事業」というものを行っているそうです。私は最近知ったばかりで、その詳細は知りません。以下のページから情報を得ています。

↓ 38ページに解説があります。PDF(765KB)。なお、PDFを閲覧するにはAcrobat Readerが必要です。Acrobat Readerはこちら新しいウィンドウで開く)からダウンロードできます。
「平成25年度地域若者サポートステーション事業」の企画競争に係るQ&A
新しいウィンドウで開く

↓ ページ中ほどに、若年無業者等集中訓練プログラム事業に関する説明があります。厚労省 HP へのリンクです。
地域若者サポートステーションって何?
新しいウィンドウで開く

↓ 若年無業者等集中訓練プログラム事業に関する説明が2行ほどあります。厚労省 HP へのリンクです。
「地域若者サポートステーション事業」実施団体選定
新しいウィンドウで開く

厚生労働省による合宿形式でのニート支援は今回が初めてではありません。2005~2009年度にかけて若者自立塾事業がありました。この事業は2009年11月11日に行われた民主党政権による事業仕訳で廃止判定が出され、2009年度をもって事業が終了しました(ただし、厚労省事業とは別に「若者自立塾」を名乗る施設は今でもあります)。

2010年度からは、新たに緊急人材育成支援事業(基金訓練)の訓練メニューの一つとして合宿型自立支援プログラムが始まり、これが若者自立塾の後継事業とみなされました。基金訓練は2011年9月開講分をもって終了し、代わって同年10月より求職者支援制度が創設されたのですが、その後合宿型支援事業がどうなったかは知りませんでした。

[蛇足]

玄田有史東大教授による SNEP(孤立無業)の本が出たようですね。「20 歳以上 59 歳以下の在学中を除く未婚無業のうち、ふだんずっと一人か一緒にいる人が家族以外 いない人々」を指す概念だそうですが。

↓ 玄田有史氏による論文。PDF(1.18MB)。
孤立無業者(SNEP)の現状と課題
新しいウィンドウで開く

スポンサーリンク

トラックバック

URL :

最近の記事
カテゴリー
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
RSSフィード
本など
「ニート」って言うな! (光文社新書)

若年者就業の経済学
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
115位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
5位
アクセスランキングを見る>>
リンク
このサイトについて

このサイトはリンクフリーです。張るのも剥がすのもご自由になさってください。相互リンクは現在募集しておりません。

携帯用アドレスを取得されたい方は、「こちら」をクリックしてください。

このブログのリンク先のご利用につきましては、ご自身の責任のもとでお願いします。なお、本等のリンクについては、Amazon.co.jpのアフィリエイトプログラムを導入しています。

なお、「富条」はハンドルネームです。本名は全く違う名前です。

メールは nhjournal77@yahoo.co.jp まで。