ニートひきこもりJournal の前に作ったサイト

実は「ニートひきこもりJournal」は、私が開設した5つ目のウェブサイトです(ブログ含む)。このうちブログに限ってみても、3つめのブログです。よくよく振り返ってみると、ずいぶんとまあ、節操も無くあれこれやっていたものです。

それらのサイトの数々は、開設順に以下の通りです。いずれも現存しません。サイトのタイトルは、都合により伏せます。

1 ある趣味に関する「ホームページ」。私が最初に作ったウェブサイト。Windows 付属の「メモ帳」に HTML タグを打って作りました。サイトを運営している最中にひきこもってしまいましたが、自分がひきこもりだという事実を伏せて運営。

2 私個人を主題とした「ホームページ」。やはりメモ帳にタグを打って作りました。ひきこもった後に開設した最初のサイトで、自身のひきこもりや場面緘黙症などが中心的話題の内省的な内容でした。ある緘黙関係の個人サイトからリンクを貼らせていただいていました。

3 初のブログ。LiveJournal というブログサービスで運営。何を書いていたのかあまり覚えていません。ひきこもりデイケアで知り合った友人に紹介していて、友人と話のネタにすることがよくありました。

4 LiveJournal で開設した英語ブログ。英語の学習のために。

5 ニートひきこもりJournal(このブログ)

3と4は同じハンドルネームでしたが、それ以外は全て別々のハンドルネームで運営していました。

私は昔から人並み以上の引っ込み思案だったので、作ったサイトをリンク集やウェブリングに登録するとか、相互リンクをするとか、そうしたことはできるだけせず、限られた人にだけ見てもらうというかたちをとっていました。それでも特にウェブサイトを持って間もない頃は、かなりハラハラしていたものです。

とはいえ、いくつもサイトを作っていたらそのうちヒットするサイトも出てくるものなのか、特に最初に作った趣味に関するサイトには多少の反響がありました。ですが、このサイトは自分がひきこもりであることを伏せて運営していたサイトだったため、多くの訪問者に自分を偽っているような気がして、もやもやした気分でやっていたものです。

これらの後に開設した「ニートひきこもりJournal」は、広告収入を得ることが大きな目的の一つで、このため、それまでのサイトとは違い、多くの人に見てもらおうと心がけました。引っ込み思案の私には大変勇気が要ることでしたが、それまでのやり方に行き詰まりを感じていたこともあり、清水の舞台から飛び降りてみたわけです。自分がひきこもりやニートと名乗ってブログを書くのも思い切りが必要でしたが、前のサイトのこともあり、そのことを伏せて運営するよりは気が楽でした。現在のブログを開設するまでには、こうした経緯があったわけです。

スポンサーリンク

トラックバック

URL :

最近の記事
カテゴリー
カレンダー(月別)
06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
RSSフィード
本など
「ニート」って言うな! (光文社新書)

若年者就業の経済学
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
104位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
7位
アクセスランキングを見る>>
リンク
このサイトについて

このサイトはリンクフリーです。張るのも剥がすのもご自由になさってください。相互リンクは現在募集しておりません。

携帯用アドレスを取得されたい方は、「こちら」をクリックしてください。

このブログのリンク先のご利用につきましては、ご自身の責任のもとでお願いします。なお、本等のリンクについては、Amazon.co.jpのアフィリエイトプログラムを導入しています。

なお、「富条」はハンドルネームです。本名は全く違う名前です。

メールは nhjournal77@yahoo.co.jp まで。