ニートひきこもりと同窓会名簿

今週から、毎週土曜日は私の「日記」ならぬ「週記」を書きます。以前まで土曜日に掲載してきました場面緘黙症の記事は、「場面緘黙症Journal」でご覧ください。

いやはや、困りました。私の出身高校から同窓会名簿を作るという連絡が来たのです。ニートひきこもり状態の私としては、同窓会名簿に名前なんて載せてもらいたくありません。 * * * * * * * * * *

理由は簡単。名簿に掲載される「勤務先」、これをどうすればいいというのですか。

それに、名簿を見た昔のクラスメイトに連絡なんてされようものなら、困ります。「富氏君、元気?いま何やってる?」と聞かれたら、応えようがありません。せっかく卒業後引っ越して、連絡先が分からないようになったのに。

幸い、最近は個人情報の保護にうるさくなってきたので、名簿への掲載を断りやすくなってきました。私は当然、名簿への不掲載を希望します。

そういえば、高校時代、

「あの凄く引っ込み思案な富氏君は、将来うまくやっていくことができるのかな」

と、私のことを非常に心配してくれた女子生徒がクラスにいたことを思い出しました。彼女はいつも怖い顔をしていて、私に話しかけてくれることなんてほとんどなかったのですが、陰では私のことをとても気にかけてくれていたそうなのです。

クラスの異性に私の身の上を案じてもらうというのは嬉しいですが、どこか惨めな思いもします。

* * * * * * * * * *

大学の学部の卒業名簿も気になります。

「富氏、卒業名簿に就職先が出てないけど、どうしたん?」

と、学部の卒業式で、知り合いの学生にズバリ聞かれました。今でも卒業名簿は怖くて見ることができません。

私が出た学部の自慢の一つは、OB・OGの数が多いということです。普通であれば、その同窓会ネットワークが大きな武器になるはずなのですが、私の場合、重荷です。



スポンサーリンク

トラックバック

URL :

最近の記事
カテゴリー
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
RSSフィード
本など
「ニート」って言うな! (光文社新書)

若年者就業の経済学
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
115位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
5位
アクセスランキングを見る>>
リンク
このサイトについて

このサイトはリンクフリーです。張るのも剥がすのもご自由になさってください。相互リンクは現在募集しておりません。

携帯用アドレスを取得されたい方は、「こちら」をクリックしてください。

このブログのリンク先のご利用につきましては、ご自身の責任のもとでお願いします。なお、本等のリンクについては、Amazon.co.jpのアフィリエイトプログラムを導入しています。

なお、「富条」はハンドルネームです。本名は全く違う名前です。

メールは nhjournal77@yahoo.co.jp まで。