心の問題は、外からは見えない

ちょっとイケメンで、おしゃれで、見たところごく普通の若者。とある心の健康講座で壇上に登った男性です。その彼が、「実は私、統合失調症なんです」と語り出したところ、聴講者から驚きの声が上がったそうです。「全然そんなふうには見えない」という反応でした。

あるひきこもりの居場所に同席されていた職員から聞いた話です。「心の問題は外からは見えない」とおっしゃっていました。例えば外傷であれば、見た目で明らかに分かります。ですが、心の問題の場合は必ずしそうはいかないというのです。このため、周囲から誤解を受ける場合があります。また、少し話がずれるかもしれませんが、専門的に「バイオマーカーがない」という言い方もされていました。精神疾患には、客観的な生物学的指標がまだまだないということのようです。

* * * * * * * * * *

以下は私見です。ひきこもりに関していうと、まず、通常、ひきこもりは統合失調症を背景としたものは含まないのですが、統合失調症でひきこもってしまった人に対し、外見では病気と分からないため、周囲がそれと気づかずに「ひきこもりだな」と思い込んでしまう場合があるでしょう。

また、統合失調症でない「ひきこもり」であっても、その背景に発達障害なども含めた広義の精神疾患があるにも関わらず、やはり見た目には分からないために見過ごされてしまう場合もあるでしょう。子供の頃からの発達障害が長年見過ごされ、就労の機会で問題化し、ひきこもりになったという話も聞いたことがあります。

周囲だけでなく、本人が気づかない場合もあります。統合失調症は自覚症状がない場合が多いことも、本人の気づきにくさに拍車をかけます。見えない障害(障がい)には難しさがあるようです。

スポンサーリンク

トラックバック

URL :

最近の記事
カテゴリー
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
RSSフィード
本など
「ニート」って言うな! (光文社新書)

若年者就業の経済学
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
127位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
9位
アクセスランキングを見る>>
リンク
このサイトについて

このサイトはリンクフリーです。張るのも剥がすのもご自由になさってください。相互リンクは現在募集しておりません。

携帯用アドレスを取得されたい方は、「こちら」をクリックしてください。

このブログのリンク先のご利用につきましては、ご自身の責任のもとでお願いします。なお、本等のリンクについては、Amazon.co.jpのアフィリエイトプログラムを導入しています。

なお、「富条」はハンドルネームです。本名は全く違う名前です。

メールは nhjournal77@yahoo.co.jp まで。