昼夜逆転、掃除はいつ?

ひきこもりの人の部屋は、どんな感じなのでしょうか。ニュースサイトのひきこもり記事などで私が見てきたその部屋は、ペットボトルなど飲食後のごみも含めて様々な物が散らばっているものが多く、掃除や整理整頓が行き届いていない印象でした。

例えば、少し古いですが、2006年に New York Times がひきこもりを主題とした記事を出しまして、記事とともに、「NPO法人ニュースタート事務局」の寮で生活するひきこもりの人の写真を掲載しました。この記事は、比較的有名ではないかと思います。

↓ その NYT の記事へのリンクです。
http://www.nytimes.com/2006/01/15/magazine/15japanese.html
新しいウィンドウで開く

寮生活を送る人の部屋なので、典型的なひきこもりの人のそれではないのですが、その後に私が見てきたニュースサイトのひきこもり写真も、だいたいこのようなものだったのではないかと思います。平均的なひきこもりの人の部屋は、こうしたものなのでしょうか。

昼夜逆転で、掃除機をかけるタイミングがつかめず…


そういえば、私がひきこもり生活の中で問題になったことの一つは、自分の部屋の掃除でした。昼夜逆転の生活を送ることが時々あったのですが、朝や昼に掃除ができないのは問題でした。掃除機のためです。

掃除機をかけると大きな音がするので、あまり遅い時間帯や早い時間帯に掃除機をかけると、近所迷惑になります。このため、自分が起きている時間帯にはなかなか掃除ができません。代替手段の "ほうき" にしても、部屋にはカーペットがあるので限界があります。掃除機を使わないごく小幅な掃除ならできないまでもありませんでしたが、「掃除機をかけられるタイミングを見つけて、まとめて掃除しよう」となってしまうことが多かったです。

こうなると、部屋は汚く、散らかりがちでした。昼夜逆転の生活は、この点からもよくありません。とはいえ、私の部屋は、ニュースサイトで見てきた写真ほどには散らかってはいませんでした。あれは、メディアが作り出したイメージではないかと半ば疑っているほどです。

スポンサーリンク

トラックバック

URL :

最近の記事
カテゴリー
カレンダー(月別)
08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
RSSフィード
本など
「ニート」って言うな! (光文社新書)

若年者就業の経済学
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
171位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
12位
アクセスランキングを見る>>
リンク
このサイトについて

このサイトはリンクフリーです。張るのも剥がすのもご自由になさってください。相互リンクは現在募集しておりません。

携帯用アドレスを取得されたい方は、「こちら」をクリックしてください。

このブログのリンク先のご利用につきましては、ご自身の責任のもとでお願いします。なお、本等のリンクについては、Amazon.co.jpのアフィリエイトプログラムを導入しています。

なお、「富条」はハンドルネームです。本名は全く違う名前です。

メールは nhjournal77@yahoo.co.jp まで。