学校で話せない~場面緘黙(かんもく)症を知って

アイキャッチ画像。

学校で一日中声が出ない、それもずっと


家では普通に話せるのに、幼稚園や学校に行くと一日中声が出ず、何も話せなくなってしまう子がいます。それも、単なる人見知りや引っ込み思案といったレベルではなく、何か月や何年といった長期間経っても、こうした状態が続くのです。 話せないだけでなく、満足に動くことすらままならなかったり、ひどいと、学校のトイレに行けなかったりします。

思春期、青年期になってもこうした状態が十分に改善されない人もいます。

このように、特定の場面で長期にわたって話ができない状態を、場面緘黙(かんもく)症、または選択性緘黙と言います。米国精神医学会の診断基準(DSM-5)では、不安障害と位置付けられています。 世界保健機関(WHO)の国際疾病分類(ICD-10)にも記載があります。

自閉症よりも歴史がある概念ですが、これまであまり知られていません。英米などに比べると、啓発も遅れています。

緘黙は深刻な問題


緘黙は、経験していない人は軽く見がちですが、実は深刻な問題です。話ができないため、学業を含む学校生活に支障が出るのはもちろん、社会性の発達が阻害され、緘黙を克服した後もさらに言語コミュニケーションなどで問題を抱えることもあります。さらに、うつなどの二次障害にかかったり、 不登校やひきこもりになったりする場合もあります。緘黙だった頃の苦しみを訴える経験者は少なくありません。

基本的な対応


緘黙児・者はどうしても声が出ないので、話ができないことを責めないでほしいです。発話を強要したり、周囲の視線にさらしたりするのもよくありません。不安が高まり、かえって話せなくなってしまいます。緘黙の根底にある不安をやわらげることが肝要です。こちらから好意的に関わると、たとえ反応がないようでも本人は内心は喜んでいるものです。

早期発見・介入の必要性


「そのうち、自然によくなる」として放置される場合もありますが、症状が固定化する恐れもあり、早期発見・早期介入が必要です。

詳細情報


詳しくは関連サイトへ。

[関連サイト]

◇ かんもくネット~場面緘黙児支援のための情報交換ネットワーク団体~
新しいウィンドウで開く

◇  場面緘黙症Journal
新しいウィンドウで開く

[関連書籍]

場面緘黙Q&A―幼稚園や学校でおしゃべりできない子どもたち
かんもくネット 角田 圭子

4761407115

スポンサーリンク

トラックバック

URL :

最近の記事
カテゴリー
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
RSSフィード
本など
「ニート」って言うな! (光文社新書)

若年者就業の経済学
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
127位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
9位
アクセスランキングを見る>>
リンク
このサイトについて

このサイトはリンクフリーです。張るのも剥がすのもご自由になさってください。相互リンクは現在募集しておりません。

携帯用アドレスを取得されたい方は、「こちら」をクリックしてください。

このブログのリンク先のご利用につきましては、ご自身の責任のもとでお願いします。なお、本等のリンクについては、Amazon.co.jpのアフィリエイトプログラムを導入しています。

なお、「富条」はハンドルネームです。本名は全く違う名前です。

メールは nhjournal77@yahoo.co.jp まで。