「何事も最初は難しく、やがて易しくなる」

継続するのは難しいものです。私はNHKラジオの英語講座を聴いているのですが、なんでも、テキストの売上は4月号がピークなのだそうです。実際、テキストに挿入されている広告の量が、4月号と3月号では明らかに違っていることに気付いて驚いたこともあります。勉強が継続できない人の存在が一因かもしれません。

こうしたことが背景にあってか、ある英語講座の講師は、年度始めに「何事も最初は難しく、やがて易しくなる」(All things are difficult before they are easy)という名言を紹介していました。 難解なことで知られるその英語講座ですが、易しくなる前に止めてしまうのは残念ではないかというメッセージです。なお、この名言は、Thomas Fuller(1608-1661)という英国の聖職者の言葉です。

* * * * * * * * * *

「仕事を続けるのが辛い」ある引きこもり支援施設で出会った人が、こう話してくれたことがあります。もう何年も前の少し昔のことですが、その人が引きこもりを脱しようとアルバイトを始めたのです。それに対して、私は「何事も最初は難しく、やがて易しくなる」という先ほどの言葉を送りました。今にして思うと、働いていなかった私が言うべき一言ではなかったのですが、善意のつもりでした。

もっとも、実際は、最初は易しい仕事を任され、慣れてくるとより難しい仕事を任されるなど、上の言葉は必ずしも当てはまりません。また、人間関係面などで問題が積み重なっていくということもあります。仕事はなかなかラジオの英語講座のようにはいきませんが、ごく短期の仕事などでは、私もこの言葉を後に自分に言い聞かせたこともないではありません。

スポンサーリンク

トラックバック

URL :

最近の記事
カテゴリー
カレンダー(月別)
06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
RSSフィード
本など
「ニート」って言うな! (光文社新書)

若年者就業の経済学
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
104位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
7位
アクセスランキングを見る>>
リンク
このサイトについて

このサイトはリンクフリーです。張るのも剥がすのもご自由になさってください。相互リンクは現在募集しておりません。

携帯用アドレスを取得されたい方は、「こちら」をクリックしてください。

このブログのリンク先のご利用につきましては、ご自身の責任のもとでお願いします。なお、本等のリンクについては、Amazon.co.jpのアフィリエイトプログラムを導入しています。

なお、「富条」はハンドルネームです。本名は全く違う名前です。

メールは nhjournal77@yahoo.co.jp まで。