OECD加盟国のNEET、2007年金融危機以後は?

OECD 加盟国の NEET に関するワーキングペーパー(英語)が、先日インターネットで公開されました。2007年の世界金融危機以後の NEET の状況を概観したものです。概観といっても詳細なもので、分量もあります。なお、このワーキングペーパーには OECD が関わっているものの、OECD の公式見解を示したものではありません。

↓ ワーキングペーパーの概要が読めるほか、全文へのリンクがあります。OECD iLibrary へのリンク。
※ NEET Youth in the Aftermath of the Crisis - Challenges and Policies -
新しいウィンドウで開く

よく、海外では求職活動を行う若者も NEET に含めるが、日本では含めないと言われます。その通りなのですが、このワーキングペーパーでは、求職者として登録されている unemployed NEETs と、そうではない inacitve NEETs を分けた分析もなされています。inactive NEETs は、日本のニートに近く、この点、興味深く読みました。ただ、このワーキングペーパーでは家事に従事する若者も NEET に含めていて、やはり日本のニートとは多少違います。

残念ながらこのワーキングペーパーでは、日本のことはあまり書かれてありません。データが不足しているからです。そういえば、日本でここまで詳細にニートを統計から分析したものは、なかなか見た覚えがありません。

[文献]

◇ Carcillo, S., Fernández, R., Königs, S., and Andreea Minea. (2015). NEET Youth in the Aftermath of the Crisis - Challenges and Policies - . OECD Social, Employment and Migration Working Papers, 164. Paris: OECD Publishing. DOI: http://dx.doi.org/10.1787/5js6363503f6-en

スポンサーリンク

トラックバック

URL :

最近の記事
カテゴリー
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
RSSフィード
本など
「ニート」って言うな! (光文社新書)

若年者就業の経済学
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
108位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
8位
アクセスランキングを見る>>
リンク
このサイトについて

このサイトはリンクフリーです。張るのも剥がすのもご自由になさってください。相互リンクは現在募集しておりません。

携帯用アドレスを取得されたい方は、「こちら」をクリックしてください。

このブログのリンク先のご利用につきましては、ご自身の責任のもとでお願いします。なお、本等のリンクについては、Amazon.co.jpのアフィリエイトプログラムを導入しています。

なお、「富条」はハンドルネームです。本名は全く違う名前です。

メールは nhjournal77@yahoo.co.jp まで。