「若いうちに○○しておけ」

若いうちにしっかりコミュニケーション能力つけておけ。いまコミュニケーション能力鍛えておかないと、大人になったときに絶対後悔するぞ。「もっとコミュニケーション能力つけておけばよかった」そう後悔する大人、いっぱいいるから

こうしたことを言う大人、私が子供の頃に出会ったことがありません。せいぜい、運動部に入るなどして、上下関係を学ぶことの利点を聞いたことがあるぐらいです。

ですが、私が大人になってみると、このコミュニケーション能力がいかに重要かを感じています。これは私だけの問題ではありません。「コミュ障」なる俗語が流行るなど、コミュニケーション能力は今日かなり注目を集めています。企業が採用の際コミュニケーション能力を重視するのはアンケート調査などからも明らかで、この能力の有無は将来のキャリア形成にまで影響を及ぼしかねません。

下手をすると、社会適応にまで影響を与える場合もあります。真偽のほどは定かではありませんが、ニートや引きこもりの人には、コミュニケーション能力に問題がある人が多いという見方もよく目にします。

* * * * * * * * * *

私たちが子供の頃、大人が強調していたのは、勉強の重要性でした。

若いうちにしっかり勉強しておけ。いま勉強しておかないと、大人になったときに絶対後悔するぞ。「もっと勉強しておけばよかった」そう後悔する大人、いっぱいいるから

これは間違っているとは思いません。ですが、あれだけ勉強の必要性を強調する大人が多かったのに、コミュニケーション能力を磨く必要性を強調する大人がまるでいなかったことは、今にして思うと不思議でなりません。

もしかすると、大人は過去の教訓を子供に伝えることは得意だけれども、未来を予測して子供に助言をすることは苦手としていたのかもしれないと思います。「これからは国際化の時代だ。英語のコミュニケーション能力を身につけろ」ぐらいの未来を見据えた助言ならありましたが、日本人同士の一般的なコミュニケーション能力が問題になる未来が来るとは予測できなかったのでしょう。

現代は、学校教育でコミュニケーションが重視されるようになってきたそうです。私たちの世代の教訓が生かされたのかもしれません(後手となった感はありますが)。ですが、未来にはまた新たなことが問題にならないとも限りません。それを的確に予測し、子供たちに伝えるのは私たち大人の役目だろうと思うのですが、私にはそこまでのことは、やはり難しくてできません。

なお、念のために書いておきますが、「今の自分がコミュニケーション能力がないのは、子供の頃に大人がその重要性を強調してくれなかったからだ」ということを言わんとしているわけではありません。私は大人に言われなくても、自分のコミュニケーション能力の乏しさと自らの将来に強い危機感を持っていました。

スポンサーリンク

トラックバック

URL :

最近の記事
カテゴリー
カレンダー(月別)
08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
RSSフィード
本など
「ニート」って言うな! (光文社新書)

若年者就業の経済学
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
171位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
12位
アクセスランキングを見る>>
リンク
このサイトについて

このサイトはリンクフリーです。張るのも剥がすのもご自由になさってください。相互リンクは現在募集しておりません。

携帯用アドレスを取得されたい方は、「こちら」をクリックしてください。

このブログのリンク先のご利用につきましては、ご自身の責任のもとでお願いします。なお、本等のリンクについては、Amazon.co.jpのアフィリエイトプログラムを導入しています。

なお、「富条」はハンドルネームです。本名は全く違う名前です。

メールは nhjournal77@yahoo.co.jp まで。