25~44歳ニート比率が、増加傾向

日本経済〈2014‐2015〉好循環実現に向けた挑戦内閣府の『日本経済2014-2015』という報告書の中で、25~44歳の無業者(非労働力人口のうち家事も通学もしていない者)の簡単な分析が行なわれています。分かりやすく言うと、25~44歳ニートの分析です。

なお、ニートとは、厚生労働省の定義では、15~34歳の非労働力人口のうち家事も通学もしていない者のことで、本来35~44歳の無業者はニートに含まれません。


以下は、いずれも内閣府ホームページ内『日本経済2014-2015』へのリンクです。

↓ 下の図 (2) が、25~44歳無業者の動向を示しています。
※ 第2-1-3図 属性別にみた労働参加をめぐる動向
新しいウィンドウで開く

↓ 上~中段(女性の労働力率は趨勢的に上昇、男性は25~44歳の動きが鈍い)の第2段落に、無業者について言及があります。
※ 第2章 第1節 労働力の確保に向けた課題
新しいウィンドウで開く

※ ニートに関する脚注
新しいウィンドウで開く

※ 付図2-2 若年無業者(ニート;15~34歳の若年無業者)
新しいウィンドウで開く

無業者というと、よく若年の無業者(ニート)が注目を集めますが、ここでは25~44歳の無業者を扱っており、珍しいです。なぜここではこの年齢層かというと、それは報告書の文章に書かれてあります。

今回の記事の題名では、「25~44歳ニート比率が、増加傾向」としましたが、図を見ると、比率だけでなく絶対数も緩やかにではありますが増加の傾向にあるようにも見てとれます。

ニートという用語があるばかりに、無業者数の増加や高止まりは15~34歳の若年層にのみ見られる現象と考えられがちですが、何も若年層に特有の現象ではないことが分かります。

[追記(2015年4月23日)]

対して、15~34歳のニート比率は減少傾向にあります。上記リンク「ニートに関する脚注」や「付図2-2 若年無業者」参照。

スポンサーリンク

トラックバック

URL :

最近の記事
カテゴリー
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
RSSフィード
本など
「ニート」って言うな! (光文社新書)

若年者就業の経済学
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
109位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
8位
アクセスランキングを見る>>
リンク
このサイトについて

このサイトはリンクフリーです。張るのも剥がすのもご自由になさってください。相互リンクは現在募集しておりません。

携帯用アドレスを取得されたい方は、「こちら」をクリックしてください。

このブログのリンク先のご利用につきましては、ご自身の責任のもとでお願いします。なお、本等のリンクについては、Amazon.co.jpのアフィリエイトプログラムを導入しています。

なお、「富条」はハンドルネームです。本名は全く違う名前です。

メールは nhjournal77@yahoo.co.jp まで。