米MTVのニュース記事に、日本の引きこもり

米国のケーブルテレビ MTV のウェブサイトに、日本の引きこもりを主題とした記事が掲載されました。現地の日付で5月7日(木)のことです。ある程度分量がある記事です。

↓ 記事へのリンクです。
※ Solving The Mystery Of 230,000 People In Japan Who Won’t Leave Their Bedrooms
新しいウィンドウで開く

記事のソーシャルリンクを見ると、Facebook ボタンに「5k」とあります。5,000回ほどシェアされたということでしょうか。

MTV といえば、世界最大級の若者向け音楽&エンターテインメント専門チャンネルです。日本にも MTV JAPAN があります。テレビでも引きこもりが取り上げられたかどうかは、今のところ確認していません。

エンターテイメント系のウェブサイトに掲載されたニュース記事ですが、しっかりした内容です。専門的な文献を中心にポップカルチャーに至るまで様々な文献を引用するとともに、複数の専門家や引きこもり当事者に取材を行って、多角的にまとめています。私はこの記事の引きこもりの記述には、今のところ一部に納得できないものもないではないのですが、この種の記事としては丁寧に書かれていると思います。

この先、世界の文化やライフスタイル、考えが均質化し、引きこもりが世界に広がるだろうという加藤隆弘九州大学准教授の見解は、妥当かどうかは分かりませんが、興味深いと思いました。引きこもり問題の未来にも踏み込んでいます。

米国のニュースで引きこもりといえば、今年の1月に The Wall Street Journal で引きこもりを主題とした記事が掲載されたのですが、それと今回の記事は内容が似ているようにも思います。取材先も、加藤准教授や福岡市のひきこもり成年地域支援センターなど重なります。ただ、違う記者が書いたもののようです。

記事は、最近の研究動向も踏まえながら、米国の読者のために、引きこもりの概念、実態、原因、支援などを説明しています。日本では、こういう記事はなかなか見かけません。日本では既に引きこもりという言葉は広く知られていて、今さら引きこもりの解説をする必要もないからでしょう。ですが、私たちは本当に引きこもりのことを知っていると言えるでしょうか。知っているつもりになっているだけということはないでしょうか。今回の海外記事を読んで、そのことを考え直しました。

[関連記事]

◇ The Wall Street Journal に、日本の引きこもりの記事
新しいウィンドウで開く

スポンサーリンク

トラックバック

URL :

最近の記事
カテゴリー
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
RSSフィード
本など
「ニート」って言うな! (光文社新書)

若年者就業の経済学
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
126位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
6位
アクセスランキングを見る>>
リンク
このサイトについて

このサイトはリンクフリーです。張るのも剥がすのもご自由になさってください。相互リンクは現在募集しておりません。

携帯用アドレスを取得されたい方は、「こちら」をクリックしてください。

このブログのリンク先のご利用につきましては、ご自身の責任のもとでお願いします。なお、本等のリンクについては、Amazon.co.jpのアフィリエイトプログラムを導入しています。

なお、「富条」はハンドルネームです。本名は全く違う名前です。

メールは nhjournal77@yahoo.co.jp まで。