勉強への意欲が乏しい高校生

(今日投稿する2つ目の記事です)

「『希望の大学に入りたい』」「日本の高校生、最低の29%」「4年前よりさらに低下」「米中韓と比較調査」

今朝の日本経済新聞の社会面に、日米中韓4ヵ国の高校生の意識に関する調査結果が非常に大きく取り上げられています。この調査結果は、日経のみならず他の新聞やテレビでも報道されたので、ご存知の方も多いでしょう。

調査は日本青少年研究所が行ったものです。例えば、次のような結果が出ています。

★ 「大事に思うこと」を16の選択肢から好きなだけ選んでもらいました。そのうち、「成績がよくなる」と答えた割合です。

韓国 78%
中国 76%
米国 54%
日本 33%

★ 「非常に関心があること」を19の選択肢から複数選んでもらいました。トップは以下の通りです。

韓国「将来の進路」 66%
中国「将来の進路」 64%
日本 「漫画、雑誌、ドラマなどの大衆文化」62%

★ 「食べていける収入があれば、のんびりと暮らしていきたい」という意見に「全くそう思う」と答えた割合です。

日本 25%
韓国 21%
米国 19%
中国 12%

このような調査結果を見ると、さすがの私も、「若者の無気力がニートを生んだ」などと考えてみたくもなります。

もっとも、こうした若者とは逆に、とにかく成績を上げるんだ、いい大学に入っていい企業に入って高収入を得るんだ、ということばかり考えていたのにニートになった男がここにいるわけですが。 * * * * * * * * * *

■ 進学校も遊び>勉強なのか

もっとも、私の実感に近い調査結果ではあります。

旧帝大の合格者を毎年大量に出している、私の地元の進学校の雑談掲示板を見たことがあります。「みんな高校に入って遊びすぎ」という書き込みを多く見かけ、驚かされました。あまり真に受けるのもなんですが、進学校だというのに遊んでばかりいるというのでしょうか。他にも、中堅クラスの高校の掲示板にも、「なに勉強の話なんかしてんだよ、キモイ」などという書き込みがありました。

別に娯楽に特化した掲示板であるわけでもないのに、こういう、何というか、勉強の話などするのはキモイというような雰囲気が、高校生の雑談掲示板全体に漂っていたのです。

もっとも、一部では、学歴や偏差値に異常なまでに執着する書き込みも見られ、別の意味で驚かされました。

■ 日本人は享楽的?

高校生に限らず、どうも日本人全体が享楽的なような気がしてなりません。「人気blogランキング」の総合ランキングを見ても、上位は芸能関係のブログです。ビジネス英語とか、自己啓発系のブログが上位にならないのは、なぜなのでしょう。

私の親などは、最近、自分の高校時代の過ごし方を後悔しています。「勉強ばかりしていた。なんてつまらない高校時代だったんだろう」と。そして、もっと楽しい学校生活を送るべきだったのではないだろうか、と言うのです。「勉強しないと大人になって後悔する」と私に教えてきた親が、若い頃に勉強をしていたことを後悔しているわけです。わけがわかりません。

■ 人気者になりたい

一方、上記の調査結果で気になったのが、「どんなタイプの生徒になりたいか」の質問で、日本は「クラスのみんなに好かれる生徒」が48.4%でトップでした(米国と中国は「勉強がよくできる生徒」が83.3%、79.5%でトップ)。

私の身の回りを思い起こせば、うまく立ち回っている若い人というのは、成績優秀というよりはむしろ、勉強なんてほどほどにして、最近の流行などに詳しい人気者、というような気がします。

企業でも、アフター5は資格の学校や夜間の大学に通ってスキルを磨くというよりはむしろ、ノミュニケーションなどを通じて社内で人気を得る、というのが日本の伝統のようです(最近はその傾向が薄くはなりましたが)。

■ ガリ勉派は生きずらい

ガリ勉派の若者は「ネクラ」のレッテルを貼られ、大衆文化が好きな他の大多数の若者とコミュニケーションがとれなくなります。逆に言えば、この若者社会でガリ勉を通すには、周りから孤立するかもしれないという覚悟を持つことが必要になります。クラスのみんなから好かれる、という道は断念しなければなりません。

そして勉強を進めているうちに友達がいなくなります。そして、人間形成の上で大事な時期に、人付き合いをしないまま成長します。成人すると「人とコミュニケーションをとる方法が分からない」となり、ニート、ひきこもりとなるのです。

* * * * * * * * * *

…何か、最後の方は感情的になって、「勤勉な若者はニートになる」というような、妙な方向に話が進んでしまいました。

ただ、私自身、勉強に没頭するあまり、友達ができず、人付き合いの仕方が分からなくなった間抜けなニートです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。よろしければ、人気blogランキングへ1票お願いいたします。人気blogランキングへ


スポンサーリンク

トラックバック

URL :

最近の記事
カテゴリー
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
RSSフィード
本など
「ニート」って言うな! (光文社新書)

若年者就業の経済学
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
95位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
6位
アクセスランキングを見る>>
リンク
このサイトについて

このサイトはリンクフリーです。張るのも剥がすのもご自由になさってください。相互リンクは現在募集しておりません。

携帯用アドレスを取得されたい方は、「こちら」をクリックしてください。

このブログのリンク先のご利用につきましては、ご自身の責任のもとでお願いします。なお、本等のリンクについては、Amazon.co.jpのアフィリエイトプログラムを導入しています。

なお、「富条」はハンドルネームです。本名は全く違う名前です。

メールは nhjournal77@yahoo.co.jp まで。