私の半生 | 高校に入学する

アイキャッチ画像。
私の半生シリーズ、今回は第16回です。前回の話「自分は、いない方がいい生徒」はこちら。また、このシリーズの目次もあります。

高校受験の失敗を挽回するため、勉強偏重の高校生活


中学時代は、勉強最優先の学校生活を送っていました。高校受験で結果を出すためです。ですが、なかなか難しいものです。高校受験では不本意な結果に終わってしまいました。

意気消沈して参加した高校の仮入学の日、説明会である先生がおっしゃった一言が、その後の私の高校生活を決定付けます。

「高校受験で失敗しても、大学受験で取り返せばいい!」

この一言に大いに感化され、私は中学時代以上の、勉強に偏重した高校生活を送ることになります。一人で勉強ばかりする高校生活です。

もし私が高校受験で失敗しなかったら、私は勉強以外にももう少し広く目を向けた高校生活を送っていたのではないかと思います。ですが、もしそうしたら、大学受験で思うような結果を残せなかったかもしれません。どちらがよかったのかは分かりません。

部活動には入らず


私が進学した高校は、全日制の私立高校でした。私が住んでいた地域では、私立高校は国公立高校に落ちた人が行くところという位置付けだったのです(スポーツ推薦の生徒などは除く)。

この高校は県内屈指のマンモス校で、私の出身中学からも多数の生徒が進学していました。ですが、中学時代以前に、私に親しくしてくれた人は誰もいませんでした。生徒の進路は実に様々でしたが、全クラス普通科でした。

校則は厳しめで、アルバイトも原則禁止でしたが、我が家は母子家庭で授業料を大幅に減免されたため、通学に伴う経済的負担が特に重いということはありませんでした。この授業料減免措置は本当にありがたかったです。

部活動は盛んな学校で、特に運動部は、県内では名門とされる部がいくつもありました。ですが、勉強最優先の私は、部活動には入りませんでした。

[続きの記事]

◇ 私の半生 | 高校で浮く (新しいウィンドウで開く

スポンサーリンク

トラックバック

URL :

最近の記事
カテゴリー
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
RSSフィード
本など
「ニート」って言うな! (光文社新書)

若年者就業の経済学
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
127位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
9位
アクセスランキングを見る>>
リンク
このサイトについて

このサイトはリンクフリーです。張るのも剥がすのもご自由になさってください。相互リンクは現在募集しておりません。

携帯用アドレスを取得されたい方は、「こちら」をクリックしてください。

このブログのリンク先のご利用につきましては、ご自身の責任のもとでお願いします。なお、本等のリンクについては、Amazon.co.jpのアフィリエイトプログラムを導入しています。

なお、「富条」はハンドルネームです。本名は全く違う名前です。

メールは nhjournal77@yahoo.co.jp まで。