男性の就業率、90年代から低下傾向(25~54歳)

1990 年代以降、景気動向に左右されながらも、男性の就業率については 25~34 歳、35~44 歳、45~54 歳といった働き盛りの層で低下傾向にある。

先月公表された厚生労働省の「雇用政策研究会報告書(中間とりまとめ)」で、25~54歳男性の就業率が低下傾向にあることが指摘されました。ニートについても言及があります。また、非労働力比率の上昇傾向や完全失業者比率の増加傾向も示されています。

↓ 厚労省HPへのリンクです。PDF(530KB)。男性の就業率についての記述は4ページにあります。なお、PDFを閲覧するには Adobe Reader が必要です。こちら新しいウィンドウで開く)からダウンロードできます。
※ 雇用政策研究会報告書(中間とりまとめ) (新しいウィンドウで開く

↓ 同じく、厚労省HPへのリンクです。PDF(4320KB)。「図表4-1 就業率の推移(男)」で、男性の就業率、完全失業者比率、非労働力比率の推移が示されています。
※  雇用政策研究会報告書(中間とりまとめ)参考資料 (新しいウィンドウで開く

ここで少し補足を。上の資料では90年代以降の推移しか見ていませんが、少なくとも非労働力人口比率については、80年代には上昇傾向(労働参加率の減少傾向)にあります。このことは、2008年にこのブログで取り上げたことがあります。

↓ 2008年に公開した記事です。
◇ 低下する男性の労働力率(労働参加率) (新しいウィンドウで開く

私はニートの定義がなぜ34歳までに区切られるのか、前から不思議に思っているのですが、このように他の年齢層や非労働力人口比率などの別の労働統計指標までを見渡すと、ニートの問題にもまた新たな発見があるかもしれません。

スポンサーリンク

トラックバック

URL :

最近の記事
カテゴリー
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
RSSフィード
本など
「ニート」って言うな! (光文社新書)

若年者就業の経済学
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
127位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
9位
アクセスランキングを見る>>
リンク
このサイトについて

このサイトはリンクフリーです。張るのも剥がすのもご自由になさってください。相互リンクは現在募集しておりません。

携帯用アドレスを取得されたい方は、「こちら」をクリックしてください。

このブログのリンク先のご利用につきましては、ご自身の責任のもとでお願いします。なお、本等のリンクについては、Amazon.co.jpのアフィリエイトプログラムを導入しています。

なお、「富条」はハンドルネームです。本名は全く違う名前です。

メールは nhjournal77@yahoo.co.jp まで。