年を取ったが「最近の若者は」と思ったこと、ない

「『最近の若者は』なんて言い出したら終わりだ。年取った証拠だ」

私の親は、その昔こう言っていました。その親の今の口癖はこれです。

「最近の若者は根性が足らん。将来、日本は滅びる!!」

私の親はそれなりの年齢ですので、こういう考えを持つのは自然なことだと思います。ですが、私と同年代の人がある時、「最近の若者は礼儀がなってない」云々と言っているのを聞いて、少し驚きました。私ももうそんな年なのでしょうか。

確かに、引きこもりの居場所に通っていたずいぶん前から、自分とは明らかに違う、新しい世代の若者に出会うようになっていました。また、昔は平均体重より10~15%少なかった私の身体が加齢とともに太り出し、若い人たちの話題にもついていけなくなりました(これは昔からそうだったような気もしますが)。最近は39歳までが若者という法律も出てきていますが、それは法律上の話で、私は若者世代とは違う世代に入っていっているのでしょう。

引きこもり、ニートを経験し、通俗的な若者言説に警戒


私自身は、「最近の若者は~」などと考えたことはありません。それは、自分が引きこもりやニートを経験し、若者問題に関心を持つようになったことが強く関係していると思います。偏見交じりで、根拠に乏しい通俗的な若者言説に警戒心を持つようになったのです。

それに、現実世界やネットの世界で自分より明らかに若い世代の人たちを見る限り、そんなにけしからん人たちばかりとは思えません。優秀な人たちも多いです。時には彼ら彼女らも、未熟で拙い行動をとることもあるかもしれませんし、中にはそういう言動ばかりが目立つ若者もいるかもしれませんが、私たちが若かった頃を思い起こすと、あまり人のことは言えません。もっとも、これも自分が引きこもりやニートを経験した、ある意味非常に駄目な人間なので、自分以外の人がみな立派に見えるだけなのかもしれません。

「最近の若者は~」などと言うようにはなりたくないものだと思います。もっとも、私の親も昔は私と同じように言っていたので、将来の私の考えはどうなるのか自信はありません。

スポンサーリンク

トラックバック

URL :

最近の記事
カテゴリー
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
RSSフィード
本など
「ニート」って言うな! (光文社新書)

若年者就業の経済学
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
108位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
8位
アクセスランキングを見る>>
リンク
このサイトについて

このサイトはリンクフリーです。張るのも剥がすのもご自由になさってください。相互リンクは現在募集しておりません。

携帯用アドレスを取得されたい方は、「こちら」をクリックしてください。

このブログのリンク先のご利用につきましては、ご自身の責任のもとでお願いします。なお、本等のリンクについては、Amazon.co.jpのアフィリエイトプログラムを導入しています。

なお、「富条」はハンドルネームです。本名は全く違う名前です。

メールは nhjournal77@yahoo.co.jp まで。