たまに一日以上、家を留守にする親

長期留守番


親と同居を続ける私です。ですが、たまに、プチ一人暮らしのような状況になることがあります。

というのも、親が丸一日以上、家を留守にすることがあるからです。例えば、親が自分の親(私から見たら祖母)の世話をするために実家に戻ったり、親だけで旅行に行ったりすることがあります。その間、私は一人で家で留守番をするわけです。

この間、家に関わることは私が一人で全てすることになります。もっとも、親は一日~数日も経てば家に帰ってくるわけで、この間私がするべきことといえば、自分で食材を買ってきて調理することなど、ごく限られています。プチ一人暮らしということさえ大仰かもしれません。やや期間が長い留守番といったところでしょう。

親がいなくても生活できるようにするための、ちょっとした予行演習?


私としては、将来何かがあったときに、親がいなくても生活していけるようにするための、ごくごくささやかな予行演習になるかなという思いで留守番をしています。親が丸一日以上家を留守にするのは、そういう隠れた狙いがあるからかどうかは分かりません。今のところ、この留守番で私が何かしくじったことは、特にありません。

親には悪いですが、この留守番は楽しいです。私は「恐妻家」ならぬ「恐母家」です。丸一日以上留守番をするとなると、正直なところ、羽を伸ばせるという気分になってしまいます(親からも、「私がいない方が気が楽だとか思ってるんだろう」と言われてます)。

それに、一人暮らしのささなかな予行演習のつもりで留守番をして、うまくいっていることが、ちょっとした自信につながっています。このことからも、楽しいです。

もっとも、そんなに親がいなくて楽しいなら、今から親無しで生活しろと急に言われたら困るのですが……。

※ この記事、昨日公開したような気がするのですが、なぜか公開されていませんでした。私の気のせいでしょうか?

スポンサーリンク

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

最近の記事
カテゴリー
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
RSSフィード
本など
「ニート」って言うな! (光文社新書)

若年者就業の経済学
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
95位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
6位
アクセスランキングを見る>>
リンク
このサイトについて

このサイトはリンクフリーです。張るのも剥がすのもご自由になさってください。相互リンクは現在募集しておりません。

携帯用アドレスを取得されたい方は、「こちら」をクリックしてください。

このブログのリンク先のご利用につきましては、ご自身の責任のもとでお願いします。なお、本等のリンクについては、Amazon.co.jpのアフィリエイトプログラムを導入しています。

なお、「富条」はハンドルネームです。本名は全く違う名前です。

メールは nhjournal77@yahoo.co.jp まで。