立ちながら引きこもると、痩せるか?

引きこもりながら、何とか痩せる方法はないか


最近、太ってきています。おかげで、何年か前に買った服を着ようとすると、窮屈に感じるようになってきました。これも自宅に引きこもりがちな生活を続けているせいか、単なる中年太りゆえか、定かではありません。

どちらにしろ、運動不足の生活を送っていることには違いありません。運動をしようと思うのですが、現在のような状況にある私にはハードルが高いです。あまり外に出ないで少しでもカロリーを消費する方法はないのだろうかと、虫のいいことを考えてしまいます。

私が思いついたのは、立つ時間を増やすことです。私は自宅で座って過ごす時間が一日の中でとても多く、この一部を立つ時間に振り分けるわけです。科学的根拠は知らないのですが、単に立つだけでも、意外にカロリーを消費するという話は聞いた覚えがあります。

継続するための工夫


そこで、自分の意志に任せて「よーし、立つぞ!」と意識的に立つようにします。ですが、意志が弱い私は、時々飽きてしまいます。お恥ずかしい話です。

単に意志に任せて「立つぞ」とするよりは、「毎日聴いているラジオ番組の時間は、立って聴くことにする」など、何らかの習慣化していることと関連付けると、私の場合続きやすいです。

一番続きやすいのは、立たないとできない作業を、日常の中に盛り込んでしまうことかもしれません。例えば、私は毎日の生活の中で簡単な料理を作ったり洗い物をしたりといった家事をしていますが、この間は立たざるを得ません。これで、立つ時間をある程度稼いでいます。

以前から私が漠然と考えているのは、スタンディングデスクの導入です。これがあれば、立ちながらパソコンができそうです。ニート引きこもりJournal も、立ちながら下書きができるようになるでしょう。ただ、費用の面を考えると踏み切れないでいます。そこまでするなら、古い服をどうにかして着続けた方がいいような……。

スポンサーリンク

この記事へのコメント

- - 2016年10月15日 04:02:36

「ご飯を量り150gに制限する」「睡眠時間を連続6時間は必ず確保する」「平日は日付が変わる前に寝る」「アルコールを減らす(断つ)」を実行しただけですが今年の初めと比べて既に10kgは落ちました。

健康診断後に保健師さんとの面談があり、生活指導で上記のほかに「週に2,3日は食後に30分歩く」「夜食の回数・量を減らす」などを実行するよう言われました。

体重の変化を渡されたグラフ用紙に記録すると共に上記項目の実行度合いを○△☓で記録し、急に体重が増えた理由があれば「カレーをお代わり」「丼大盛り」「お好み焼き」「水のがぶ飲み」など書き添えて体重の変化を意識するよう気をつけたところ毎月1kgは順調に減っています。
体重計の表示を携帯のカメラで撮影すれば簡単ですし、後からまとめて記録もできて楽です。

時には羽目をはずしておかわりや大盛りを食べたい時もあるので無理せず多くなり過ぎない程度に食べ、ストレスを貯めない程度に食欲をコントロールします。お代わりでもご飯の量は毎回計り、どの程度がいいか考えます。じきにお代わりの量もほんの一口でも満足できるようになります。コツとしては一度に口に入れるご飯の量を減らすことです。カレーを食べるときには大きいカレースプーンではなく小さいティースプーンを使うとか。

アルコール飲料もノンアルコールやお茶に切り替えると良いです。

就寝時間を24時までに固定できれば不要な夜食やアルコールなどカロリーの過剰摂取も避けられます。

※実際には食後に歩くことは一度もできていません(^^;ゞ

スマホかタブレットをお持ちなら「みんチャレ」というアプリで同じ目標を掲げる人と張り合いながら継続すると良いでしょう。


長文失礼しました。

- 富条 - 2016年10月15日 21:30:51

コメントありがとうございます。とても勉強になりました。緻密ですね。私はそこまで徹底していないので、なかなか体重が減らないのかもしれません。

トラックバック

URL :

最近の記事
カテゴリー
カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
RSSフィード
本など
「ニート」って言うな! (光文社新書)

若年者就業の経済学
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
154位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
11位
アクセスランキングを見る>>
リンク
このサイトについて

このサイトはリンクフリーです。張るのも剥がすのもご自由になさってください。相互リンクは現在募集しておりません。

携帯用アドレスを取得されたい方は、「こちら」をクリックしてください。

このブログのリンク先のご利用につきましては、ご自身の責任のもとでお願いします。なお、本等のリンクについては、Amazon.co.jpのアフィリエイトプログラムを導入しています。

なお、「富条」はハンドルネームです。本名は全く違う名前です。

メールは nhjournal77@yahoo.co.jp まで。