電子書籍のおかげで、本棚に引きこもりの本を置かなくて済む

引きこもりの本を持つことを、知られたくない私


本棚に置きにくい本です。私にとって、引きこもりやニート関連の本・雑誌は。

なぜかというと、私が引きこもりやニート関連の本・雑誌を所蔵していることを、誰かに知られたくないからです。どうして知られたくないかというと説明に困るのですが、嫌なものは嫌なのです。本棚に置くと、それが一目で分かってしまいます。

もっとも、人付き合いに乏しい私の部屋には、そう人は入ってきません。入ってくるとすれば家族ぐらいですが、家族にも、私がこうした本・雑誌を持っていることを知られるのが嫌です。

この問題を解決するための工夫として、私は引きこもり、ニート関係の本・雑誌は背表紙(本の題名が書いてある部分)を奥にして本棚にしまってきました。これだと何の本か、傍目には分かりません。ただ、普通は背表紙を見えるようにして本棚にしまうものなので、不自然ではあります。部屋に入った人に、かえって「何を隠してるんだ」と怪しまれる恐れもあります。それに、これだと本・雑誌を探すのに不便です。

電子書籍を買うようになり、その心配が減った


ところが最近、そういう心配をすることが減りました。それは、電子書籍を買うようになったからです。電子書籍だと、本棚に本・雑誌を置く必要がありません。私が何の電子書籍を買ったかは、私のタブレット端末を操作しないと見ることができません。そして、私はタブレット端末に画面ロック設定をしていて、ある特定の「パターン」を入力しないと、ほとんど何も操作することができないようにしています。

そういうわけで、人目を気にせず、大いに引きこもり、ニート関連の本・雑誌を買うことができるようになりました。いやあ、便利な世の中になったものです。

ですが、私が電子書籍を使うようになった頃には働き出すようになっていて(少しだけですが)、引きこもりやニートへの関心はやや薄れ、関連書・雑誌も以前ほどには読まなくなってしまいました。これでは意味がありません……。

スポンサーリンク

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

最近の記事
カテゴリー
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
RSSフィード
本など
「ニート」って言うな! (光文社新書)

若年者就業の経済学
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
126位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
6位
アクセスランキングを見る>>
リンク
このサイトについて

このサイトはリンクフリーです。張るのも剥がすのもご自由になさってください。相互リンクは現在募集しておりません。

携帯用アドレスを取得されたい方は、「こちら」をクリックしてください。

このブログのリンク先のご利用につきましては、ご自身の責任のもとでお願いします。なお、本等のリンクについては、Amazon.co.jpのアフィリエイトプログラムを導入しています。

なお、「富条」はハンドルネームです。本名は全く違う名前です。

メールは nhjournal77@yahoo.co.jp まで。