人の話が聞き取れない?

ぼやけて聞こえる


いつからか、人の話が聞き取れないことが増えています。「ふにゃふにゃふにゃあ」とぼやけて聞こえてしまい、相手の方が何をおっしゃっているのかがよく分からないのです。引きこもり経験との関わりを疑うこともあります。

例えば、テレビやラジオのアナウンサーの話は聞き取りやすいです。アナウンサーは滑舌よく、はっきりと話すので、何を話しているのか容易に聞き取れます。

聞き取りにくいのは、主に小~中程度の音量の日常会話です。何かをおっしゃってるのは聞こえるのですが、「ふにゃふにゃふにゃあ」と曖昧な感じで聞こえてしまい、何をおっしゃっているのか分からないのです。

こうしたことは多かれ少なかれ、誰もが経験することのように思われます。ただ、私は人並み以上に多いのかもしれないと感じることがあります。

病的なほどではないと思うので、今のところ専門家に診てもらってはいません。ただ、ごく軽い難聴の徴候の現われの可能性もあると思い、『家庭の医学』にある「感音難聴」の項目を調べるなどしてみたのですが、どうも違うように思えます。

引きこもりと関係があるのか?


もしかするとこれは、長期引きこもり生活により、言葉(母語)を聞き取る能力が衰えてしまったからではないかと思うことがあります。引きこもっていると人と会話することがほとんどありません。聞こえてくる話し声といえば、テレビやラジオを通じた、アナウンサーや俳優の滑舌のよい発声ばかりです。これにより、普通の日常会話を適切に聞き取る力が衰えたのではないかということです。

ですが、会話をしないことにより声が出なくなったという話は聞くことがあっても、言葉(母語)が聞き取れなくなったという話は聞いたことがありません。引きこもりが本当に関係があるのかはよく分かりません。

どちらにしろ、人の話が聞き取れないと、コミュニケーションに支障をきたします。

スポンサーリンク

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

最近の記事
カテゴリー
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
RSSフィード
本など
「ニート」って言うな! (光文社新書)

若年者就業の経済学
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
152位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
9位
アクセスランキングを見る>>
リンク
このサイトについて

このサイトはリンクフリーです。張るのも剥がすのもご自由になさってください。相互リンクは現在募集しておりません。

携帯用アドレスを取得されたい方は、「こちら」をクリックしてください。

このブログのリンク先のご利用につきましては、ご自身の責任のもとでお願いします。なお、本等のリンクについては、Amazon.co.jpのアフィリエイトプログラムを導入しています。

なお、「富条」はハンドルネームです。本名は全く違う名前です。

メールは nhjournal77@yahoo.co.jp まで。