家族写真に、久しく写ってない

引きこもり期間中、私が写ったものがない


引きこもりを経験してから、私が家族写真に写ることは無くなりました。

親元での引きこもりなので、同居家族がいないというわけではありません。家族と一緒に写真を撮る機会がないのです。富条家の感覚では、家族写真というのは、家族で旅行に行ったとか、結婚などの大きなイベントがあったとか、そうした時に撮るものだろうと思います。自宅中心の生活を送っていると、そんな機会はありません。

わざわざ、家での普段の生活を撮るようなことは普通しません。撮るとしても、引きこもっている様子をカメラに収めたいと思う家族はいないでしょうし、当事者としてもそんなもの写されたくはありません。

私の引きこもりは長期化したので、私が家族写真に写らない時期も長く続きました。

なぜか今でも、家族写真には写らない


その後、私は少しだけではあるものの、働き出すようになりました。引き続き親元に留まりながらです。では、それから再び家族写真に写るようになったかと言えば、違います。相変わらず、写らないままです。

1~2年前には、珍しく母親と2人で旅行に行ったのですが、その時も私は写真には写りませんでした。「ここで写真撮って」という親の要望には応え、観光名所で1人佇む親の写真を私が撮ることはあったのですが、私自身は写真を撮ってもらうことは一切ありませんでした。せっかく旅行に行ったのに、私が写った写真は家族写真も含め1枚も撮らないまま帰って来たのでした。

それは、なんとなく写真に写りたくなかったからです。なぜ写りたくなかったのかは自分でもよく分かりません。長年家族に写真を撮ってもらうことがなかったので、家族に写真を撮られることを気持ち悪く感じたからのような気もします。あるいは、引きこもりを完全に克服したわけではなかったからなのか。

そういうわけで、私が写った最近の家族写真がない状況が、いまだに続いています。

スポンサーリンク

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

最近の記事
カテゴリー
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
RSSフィード
本など
「ニート」って言うな! (光文社新書)

若年者就業の経済学
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
127位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
9位
アクセスランキングを見る>>
リンク
このサイトについて

このサイトはリンクフリーです。張るのも剥がすのもご自由になさってください。相互リンクは現在募集しておりません。

携帯用アドレスを取得されたい方は、「こちら」をクリックしてください。

このブログのリンク先のご利用につきましては、ご自身の責任のもとでお願いします。なお、本等のリンクについては、Amazon.co.jpのアフィリエイトプログラムを導入しています。

なお、「富条」はハンドルネームです。本名は全く違う名前です。

メールは nhjournal77@yahoo.co.jp まで。