自分自身を客観視すると……

観客の視点で見る


「私が歌ってるところを、YouTube に投稿してください!」

私が好きなある若手女性演歌歌手は、自分のステージをファンが撮影し、YouTube に投稿することを歓迎しています。後で自分自身が歌う姿を YouTube で見ると、観客の視点で見ることができ、勉強になるからとのことです。

このように観客の視点で見ることを、室町時代の能役者である世阿弥は「離見の見」と呼んだそうです。著書『花鏡』の中で、その能楽論が展開されているそうです。

高い視点で俯瞰する


「離見の見」は、現代で言う「メタ認知」ではないかという指摘があります。「メタ認知」の厳密な定義は知らないのですが、もう一人の自分が一段高いところから、自分自身の考えや行動などを俯瞰し、客観視するようなイメージでしょうか。「メタ」は「高次の」という意味だそうです。

メタ認知というと、よくイチロー選手がこの能力が高いと言われます。スポーツに限らず、この能力を高めると様々な効用があるそうで、メタ認知能力を高めようという話を目にすることがあります。

私が自分自身を客観視すると……


私も時々、自分で自分のことを客観視してみることがあります。私は厳密には引きこもりに当たりませんが、それに近い存在です。齢を重ねてきており、昨今問題視されている高年齢化する引きこもりに近いです。そんな私が、あのような行動や、このような行動をとったら、客観的に見てどうなのだろうと考えるのです。

例えば、高年齢引きこもりに近い私が、特定の若手女性演歌歌手に興味を持ち、ステージを見に行ったりファンクラブに入ったりする様を想像してみます。客観的に見て、これはキモイような気がします。歌手や周囲のファンによっては、迷惑に思う人もいる方もいるでしょう。それよりも、今の私には他にするべきことがあるようにも思えてきます。

このように自分を客観視することは、分をわきまえた行動につながる傾向が私にはあります。ですが、悪く言えば、自分を卑下したり、消極的になったりといったことにつながっているようにも思えます。これをさらに推し進めると、家事手伝いで買い物一つ行くことにも消極的になってしまうかもしれません。「自分のような存在が買い物に行くと、周囲の客や店員に迷惑では」となるのです。これでは、引きこもりに拍車がかかりかねません。

私の場合あまり自分を客観視しすぎない方がよいのか。そうではなくて、客観視の仕方が間違っているのか。それにしても今回の記事は、自分自身を客観視する様を、客観視しているような感じです。

スポンサーリンク

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

最近の記事
カテゴリー
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
RSSフィード
本など
「ニート」って言うな! (光文社新書)

若年者就業の経済学
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
131位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
10位
アクセスランキングを見る>>
リンク
このサイトについて

このサイトはリンクフリーです。張るのも剥がすのもご自由になさってください。相互リンクは現在募集しておりません。

携帯用アドレスを取得されたい方は、「こちら」をクリックしてください。

このブログのリンク先のご利用につきましては、ご自身の責任のもとでお願いします。なお、本等のリンクについては、Amazon.co.jpのアフィリエイトプログラムを導入しています。

なお、「富条」はハンドルネームです。本名は全く違う名前です。

メールは nhjournal77@yahoo.co.jp まで。