解決志向アプローチ

5年後、どうなっていたいと考える?


「富条さんは5年後、自分がどうなっていたいと考えていますか。この紙に書いてみてください」

ニート等の若者を支援する施設「地域若者サポートステーション」(サポステ)に通っていた頃、キャリアカウンセラーとの面接で、こんなことを言われたことがあります。これに対して、私は戸惑いながら次のように答えました。

「私は5年後、正規の仕事に就いて、その後も離職することなく安定した職業生活を送ることができればと思っています。ですが、私は長期引きこもりを経験し、この年齢にまでなってしまいました。私が今さら正規の仕事に就くのは難しいだろうと思います。これは書かない方がよいのだろうかとも思うのですが……」

ところが、キャリアカウンセラーは構わないから書けとおっしゃいます。そこで、その通りに書いてみたのでした。それにしても、なぜこんな質問をキャリアカウンセラーはしたのだろうか、こんな実現可能性が低そうな将来を書いて意味があるのだろうかと、私には不思議に思いました。

解決志向アプローチ


それが先日、ひょんなことから、これはもしや「解決志向アプローチ」だったのではないかという、一つの解釈を持つに至りました。

↓ 目白大学の黒沢幸子教授による解説です。PDF。2.92MB。母子保健指導者養成研修会ホームページ内の資料。
◇ 解決志向型アプローチ (新しいウィンドウで開く

※ PDFを閲覧するには Adobe Reader が必要です。こちら新しいウィンドウで開く)からダウンロードできます。

このキャリアカウンセラーが行ったのは、「ミラクル・クエスチョン」や「タイムマシン・クエスチョン」の変形だったのかもしれません。つまり、もし私が眠っている間に奇跡が起きたら明日どういう一日になっているか。あるいは、タイムマシンに乗って5年後の未来の自分を見たら自分は何をしているか。それを、形を変えて問うたのかもしれません。

こういう質問方法だけでなく、このキャリアカウンセラーは、私が抱える問題やその原因よりも、たとえ小さなことでも、これまでに私ができたことに注目する方でした。これは、解決志向アプローチの基本的考え方に通じるものがあります。

つまり、私が望む未来イメージに向かって目標を設定し、私ができたことや、できることに焦点を当てて解決を図るわけです。

サポステの支援期間は、原則6ヶ月でした(当時の話です。現在は知りません)。解決志向アプローチは短期間で解決に持っていく「ブリーフセラピー」と呼ばれるものだそうで、短期間でしか支援が行えないサポステには合っていたのかもしれません。

そういえば、あの質問から何年経ったのでしょう。そして、現在の私は……?

スポンサーリンク

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

最近の記事
カテゴリー
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
RSSフィード
本など
「ニート」って言うな! (光文社新書)

若年者就業の経済学
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
152位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
9位
アクセスランキングを見る>>
リンク
このサイトについて

このサイトはリンクフリーです。張るのも剥がすのもご自由になさってください。相互リンクは現在募集しておりません。

携帯用アドレスを取得されたい方は、「こちら」をクリックしてください。

このブログのリンク先のご利用につきましては、ご自身の責任のもとでお願いします。なお、本等のリンクについては、Amazon.co.jpのアフィリエイトプログラムを導入しています。

なお、「富条」はハンドルネームです。本名は全く違う名前です。

メールは nhjournal77@yahoo.co.jp まで。