実年齢より老化している

「肉体年齢」「内臓年齢」「血管年齢」……


引きこもりの高年齢化が、以前から指摘されています。これは「80・50問題」とも言われるように、注目すべきは引きこもり当事者の高齢化だけではありません。その当事者を支えている場合が多い、親の高齢化にも注目すべきです。

この年齢というものについて、最近少し考えるところがあります。先日、たまたまテレビを見ていたところ、とあるマラソン大会に最年長で出場される男性が取り上げられていました。お齢は80代だったか90代だったか、はっきり覚えてはいないのですが、実年齢とは比べられないほどお若そうな方でした。きっとこの方は「肉体年齢」が実年齢より、大分お若いのでしょう。

このように、人体の各部位の機能?に注目すると、「肉体年齢」「内臓年齢」「血管年齢」「肌年齢」など、実年齢とは別に様々な年齢があります。こうした年齢は、専門的な機械や検査か何かによって明らかになることがあるそうです。実年齢とこれらは必ずしも一致しません。例えば、実年齢は30代なのに、肉体年齢は50代という人も中にはいるかもしれません。

実年齢よりかなり老化していた!


先日、私の親が病院で検査を受けたところ、この点について指摘を受けました。実年齢に比べて「○○年齢」がかなり老化しており、後期高齢者(あまりいい言葉ではないかもしれませんが)ぐらいの水準にあるというのです。この話を聞いて親も私も、ちょっとショックを受けてしまいました。親の見た目から、親自身も私も、そんなに老化が進んでいるものとは思っていなかったのです。「○○」年齢なんて、見た目では分かりません。

最近、親は肉体面での衰えを感じ始めていて、家事の一部を私に代行させるようになってきています。それが今回のことで、私は今までよりさらに親の身体に配慮して、家事手伝いを行なっていかなければならないと考えるようになりました。

ただ、高年齢化が進むのは私だってそうです。私の場合はどうなのでしょう。運動不足なので「肉体年齢」は、実年齢よりかなり老けているのではないかと思います。一方、「精神年齢」は大分若そうです(悪い意味で)。

スポンサーリンク

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

最近の記事
カテゴリー
カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
RSSフィード
本など
「ニート」って言うな! (光文社新書)

若年者就業の経済学
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
154位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
11位
アクセスランキングを見る>>
リンク
このサイトについて

このサイトはリンクフリーです。張るのも剥がすのもご自由になさってください。相互リンクは現在募集しておりません。

携帯用アドレスを取得されたい方は、「こちら」をクリックしてください。

このブログのリンク先のご利用につきましては、ご自身の責任のもとでお願いします。なお、本等のリンクについては、Amazon.co.jpのアフィリエイトプログラムを導入しています。

なお、「富条」はハンドルネームです。本名は全く違う名前です。

メールは nhjournal77@yahoo.co.jp まで。