フリーターについて考えてみる

定職に就かず臨時的に仕事に従事しているフリーターや、学業・仕事・職業訓練いずれにも就かないニートと呼ばれる人が増加しています。(第164回国会・小泉総理大臣施政方針演説より)

ニートとフリーターは、一緒に論じられることが多いです。

私はこれまで、フリーターについてこのブログで触れることは意識的に避けてきました。なぜならば、私が扱いたいのは、社会に馴染めない人たちだからです。

ニートは社会参加していませんが、フリーターは社会でそれなりに役割を果たしています。両者には決定的な違いがあるのです。

とはいえ、これだけニートやフリーターが一緒にされると、どうしてもフリーターのことが気になります。フリーターのことを勉強していないと、「ニートとフリーターが云々」と誰かから話題を振られたときに、話についていけず、困ってしまいます。

☆ なぜニートとフリーターは一緒にされるのか!?

1 ともに定職に就いていないから。
2 事実かどうかはともかく、ともに働く意欲に乏しいと見ている人が多いから。 * * * * * * * * * *

また、ひきこもりやニートの若者にとって、社会復帰への一つのステップはフリーターでしょう。つまり、[部屋を出る]→[家を出る]→[ひきこもりデイケアに通う]→[短期のアルバイトをする]→[フリーターになる]→[正社員へ]といったところではないでしょうか。私のひきこもりデイケアなどは、いまや「フリーターデイケア」と化した感があります。この意味でも、フリーターについて考えることにはそれなりの意義があるかもしれません。

そこで、このブログでも、フリーターについて考えてみることにします。来週より、毎週月曜日連載予定。

* * * * * * * * * *

[余談]

政府はフリーターを減らすとか言っていますが、そんなことして大丈夫なんでしょうかねえ?

そもそもフリーターが増えたのは、若者だけが原因ではありません。企業がフリーターを必要としているということも忘れてはなりません。企業にしてみれば、単純な仕事はできるだけアルバイトに置き換えたほうが、人件費が安くて済むわけです。

素人考えですが、フリーターを正社員に置き換えさえすればいいとは思えないんですけれど…。



スポンサーリンク

トラックバック

URL :

最近の記事
カテゴリー
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
RSSフィード
本など
「ニート」って言うな! (光文社新書)

若年者就業の経済学
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
129位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
9位
アクセスランキングを見る>>
リンク
このサイトについて

このサイトはリンクフリーです。張るのも剥がすのもご自由になさってください。相互リンクは現在募集しておりません。

携帯用アドレスを取得されたい方は、「こちら」をクリックしてください。

このブログのリンク先のご利用につきましては、ご自身の責任のもとでお願いします。なお、本等のリンクについては、Amazon.co.jpのアフィリエイトプログラムを導入しています。

なお、「富条」はハンドルネームです。本名は全く違う名前です。

メールは nhjournal77@yahoo.co.jp まで。