やりたいことと志望動機

「食品業界に関心がありました。…嘘つけ!金欲しいからに決まってるだろ!!

あるひきこもり仲間が就職活動をしていたとき、志望動機についてこんな話をしていました。なるほど、採用面接で志望動機について色々きれいごとを言う人は多いですが、本当は何よりも「金欲しさ」のために就職を希望したに違いないのかもしれません。

ちなみに、彼は、履歴書の空白期間を「ひきこもってました」と正直に告白したところ、どこからも内定をもらえなかったのだそうです。

■ 志望動機をどうする

「やりたいことなんて、見つからなくたっていいんだよ。とりあえずは就職してみよう」

という言い方をする人がいます。しかし、これだと、就職面接で志望動機を聞かれたときに、何と答えればいいのだろうと考え込んでしまいます。

まさか、「金が欲しいから」などと答えるわけにはいきません。 * * * * * * * * * *

■ 「御社の将来性」はアウト!?

昔は、会社の志望動機に「将来性」を挙げる若者が多かったと聞きます。やりたいことが見つからない若者にとって、「御社の将来性」はうまい口実です。

しかし、私が聞いたところによると、最近では「御社の将来性」を志望動機にするのはアウトなのだそうです。学生時代、就職ガイダンスで聞いた話です。

「志望動機に『将来性』を挙げる学生がいるが、よくない。面接官だって、自分の会社が将来どうなるか分からないのだから」

■ 公務員になりたいのは、安定してるからじゃないの!?

「昔は『安定』を理由に公務員を志望する学生が多かった。最近の学生は『やりたいこと』を理由に挙げる者が多く、感心している」

うる覚えですが、昔読んだ、公務員志望者向けのある雑誌に書かれてあったことです。採用担当者が上のようなことを言っていたのです。

ちょっとビックリですね。不況に公務員を志望する若者が増えたのは、安定を求めたからではなかったのでしょうか。実際、私の地元で開催された公務員志望者向けの就職ガイダンスをTV局が取材したとき、参加した多くの学生は「公務員は安定しているから志望してます」と答えていました。

■ 「将来性」「安定」は、程度が低い志望動機?

公務員に限らず、最近は、自分のやりたいことを志望動機にする若者が増えたと言われます。

周りの若者が「私は、入社してこれこれこんなことをしたい。ですから志望したのです!」と熱弁をふるっているというのに、「将来性があるから」とか「安定しているから」とか「金が欲しいから」などと言うのは、私なら恥ずかしくてとてもできません。何やら、将来性や安定性のある会社に居座って、いいお給料をもらうために志望したと言っているみたいです。実に受身です。

こうなると、最初から「やりたいこと」が明確でない若者の場合、なにがなんでも「やりたいこと」を見つけなければ、という衝動に駆られます。そうして、「やりたいこと探し」「自分探し」に没入していく…。これは考えすぎでしょうか?

■ 嘘をつくのがうまい奴が面接を通るの!?

「本当は会社を志望する理由なんてなくても、志望動機をうまく答えられる者が、就職活動で成功するんだ」

学生時代、私のゼミの指導教官がおっしゃっていたことです。

なにやら、志望動機なんて適当にでっちあげればいいんだとも解釈できます。そんなことでいいのでしょうか?

人気blogランキングへ
↑ 人気blogランキング参加中です。気に入っていただけたら、クリックお願いします。現在18位です。



スポンサーリンク

トラックバック

URL :

最近の記事
カテゴリー
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
RSSフィード
本など
「ニート」って言うな! (光文社新書)

若年者就業の経済学
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
106位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
5位
アクセスランキングを見る>>
リンク
このサイトについて

このサイトはリンクフリーです。張るのも剥がすのもご自由になさってください。相互リンクは現在募集しておりません。

携帯用アドレスを取得されたい方は、「こちら」をクリックしてください。

このブログのリンク先のご利用につきましては、ご自身の責任のもとでお願いします。なお、本等のリンクについては、Amazon.co.jpのアフィリエイトプログラムを導入しています。

なお、「富条」はハンドルネームです。本名は全く違う名前です。

メールは nhjournal77@yahoo.co.jp まで。