心理カウンセラーなんかに、考え方を変えられてたまるか!(怒)

Teach Yourself Psychology で心理学の勉強中です。

depressive attributional style って、何て訳すんでしょう。「抑うつ的帰属スタイル」 ?

■ 物事を悲観的に考える人

要するに、悲観主義のことでしょうか。いつもクヨクヨしていて、物事がどんどん悪い方向に進み、しかもそれは努力によって変えることができないんだという自己破滅的なものの考え方。

物事を悲観的に考えると、病気に対する抵抗力が弱くなり、健康にも良くないのだそうです。どこかで聞いたことがあるような話です。

そう言えば、場面緘黙症で苦しんでいる人で、緘黙症とは何の関係のない病気をたくさん持っている人を私はときどき見かけるのですが(私もそうでした)、もしかするとこれは、悲観的なものの考え方と関係しているのかもしれません。こういうタイプの人って学校で話せないせいか、たいていクヨクヨしていて、抑うつ傾向が強いんです。

心理学では「認知療法」(cognitive therapy)といって、こういう考え方の傾向を変えようとする療法があるようです。はっきり言って、大きなお世話です。 * * * * * * * * * *

■ 物事を楽観的に考える人

これとは逆に、物事を楽観的に考え、自分の人生は努力によってコントロールできると考えるタイプの人は、落ち込みにくく、病気に対する抵抗力も強いのだそうです。これも、どこかで聞いたことがあるような話です。

こういう次第で、セリグマン(Seligman)という心理学者は、著書『オプティミストはなぜ成功するか』の中で楽観主義をすすめているのですが、大きなお世話です。それにしても、この本、Amazon.co.jp での評価はなんとも微妙です。

オプティミストはなぜ成功するか

■ 統制の所在

先ほど、物事を自分の努力で変えることができるか否かというお話をしましたが、これは心理学では「統制の所在」(Locus of Control)と呼ばれているそうです。

自分の努力で変えることができるというのは統制の所在が内的にあるということで、「内的統制」(internal locus of control)というそうです。一方、努力などではなく運などによって変わるのだというのは、同様に「外的統制」(external locus of control)というそうです。

■ 認知療法の目的は、人様の価値観を変えることなのか

認知療法では、クヨクヨした悲観的な考え方を改め、統制の所在を外的統制から内的統制に向かわせるようにする、言い換えれば、物事は自分の努力でなんとかなるんだ…というように考え方を改めさせるのだそうです。

大きなお世話です(今日3度目)。例えば、こういう信念を持った人に対しても、心理療法家は認知療法を施すのでしょうか。

「我々は生きているのではない。生かされているのだ。阿弥陀如来のお力によって生かされているのだ」

典型的な浄土真宗の信者の考え方です。自分の人生は「阿弥陀如来のお力」によって左右されているわけであって(外的統制)、個人の努力によってコントロールできるものではない、ということです。

我々が生かされているかどうかはともかく、こういう信仰心を持った人に対して「違うんですよ、あなたの人生はあなたの努力によってコントロールできるんですよ」と価値観を変えさせるというのは、どうでしょう。

何を言いたいのかというと、心理カウンセラーが個人の価値観にまで立ち入るなんて、傲慢ではないかということです。

私は心理学については初心者で詳しくはないのですが(ついでに宗教教義もよく分かりませんが)、素朴に疑問に思いました。私、何か勘違いしていますか?

人気blogランキングへ

※ ほぼ同じ内容の記事を、姉妹ブログ「場面緘黙症Journal」でも公開しています。

[関連記事]

★ なぜあの人たちは無気力なのか-学習性無力感
★ 続・なぜあの人たちは無気力なのか-学習性無力感
★ ニート、ひきこもりと自信、自己効力感

[参考にしたもの]

Hayes, N. (2003). Teach Yourself Psychology. (3rd ed.). Chicago: McGraw-Hill, 61-62.



スポンサーリンク

トラックバック

URL :

最近の記事
カテゴリー
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
RSSフィード
本など
「ニート」って言うな! (光文社新書)

若年者就業の経済学
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
115位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
5位
アクセスランキングを見る>>
リンク
このサイトについて

このサイトはリンクフリーです。張るのも剥がすのもご自由になさってください。相互リンクは現在募集しておりません。

携帯用アドレスを取得されたい方は、「こちら」をクリックしてください。

このブログのリンク先のご利用につきましては、ご自身の責任のもとでお願いします。なお、本等のリンクについては、Amazon.co.jpのアフィリエイトプログラムを導入しています。

なお、「富条」はハンドルネームです。本名は全く違う名前です。

メールは nhjournal77@yahoo.co.jp まで。