[PR] ニート・不登校・ひきこもりフォーラムの開催! [PR]

ニート・不登校・ひきこもりフォーラムの開催!

NPOコトバノアトリエ様からメールをいただきました。

『ニート・不登校・ひきこもり Next Vision Forum』というフォーラムを開催するので、「ニートひきこもりJournal」で紹介してくれないか、とのことでした。

私はコトバノアトリエ様とは何の関係もないのですが、フォーラムの内容はこのブログをご覧の方々にも役立つかもしれない内容なので、ご紹介いたします。豪華プレゼンターが参加します。

* * * * * * * * * *

『ニート・不登校・ひきこもり Next Vision Forum』
URL: http://next-forum.dreamblog.jp/

日時: 平成18年6月4日 14~18時(開場13時45分)
場所: 東京都千代田区神田錦町3‐21
    (ちよだプラットフォームスクウェア5F会議室)

交通機関及びアクセス図:
http://yamori.jp/modules/tinyd5/

定員:80名
参加費:1,000円

申し込み方法:
お名前、所属、メールアドレスを明記の上、ニート・不登校・ひきこもり NEXT VISION FORUM事務局までメールかFAXでお申し込みください。メールアドレスがない場合には、電話かFAX番号をご明記ください。

【主催】 ニート・不登校・ひきこもり NEXT VISION FORUM事務局
【プロデュース&事務局】 NPOコトバノアトリエ
【申し込み&お問い合わせ】
ニート・不登校・ひきこもり NEXT VISION FORUM事務局
TEL/FAX: 03-6808-0070
メール: nextvision@kotolier.org
URL: http://next-forum.dreamblog.jp/ * * * * * * * * * *

●プレゼンター

○雨宮 処凛 氏
1975年北海道生まれ。ゴスロリ作家。元パンク歌手&元政治活動家。アトピーが原因で受けたイジメを発端に、不登校、家出、リストカット、自殺未遂などを繰り返す。その壮絶な半生を描いた『生き地獄天国』(太田出版)は大きな反響を呼び、以後『自殺のコスト』(太田出版)、『暴力恋愛』(講談社)、『EXIT』(新潮社)など数多くの話題作を生み出している。ドキュメント映画『新しい神様』(監督・土屋豊)にも出演。

○ありまよしや 氏
1981年生まれ。ひきこもりの人が少しでも安心して過ごせるように、また抜け出そうとしている人がその辛さを少しでも軽減できるように、抜け出したあともお互いにサポートしあっていこう、というネット上の居場所「ひきこもり村」の運営者

○オキタリュウイチ 氏
徳島県出身。クリエイティブディレクター。1998年に発売され、女子高生を中心に15万部を売り上げた大ヒット商品、「heaven’s passport」の考案者。1999年、オキタリュウイチ事務所を設立。その後、「urashima system」「POSi MEDiA(ポジメディア)」といった数々のプロジェクトを手がける。

○巨椋 修 氏

徳島県出身。クリエイティブディレクター。1998年に発売され、女子高小説家・漫画家・映画監督。1982年「デラックスマーガレット」(集英社)で漫画家デビュー。1996年、小説「実戦! ケンカ空手家烈伝」(福昌堂刊)にて小説デュー。同年、総合格闘技・陽明門護身拳法道場を発足。2003年、映画「不登校の真実」監督。2004年、富山大学非常勤講師。著作には、『不登校の真実』(きんのくわがた社)『新版 丹下左膳』(コアラブッスク、リイド社)『お父さん、お母さん、肩の力を抜きませんか』(コアラブックス刊)等多数。 日本映画監督新人協会役員

○貴戸 理恵 氏
1978年福岡県生まれ。小学校時代はほとんど学校に行かずに家で過ごすが、中学から学校に行くようになり、現在は東京大学大学院の博士課程に在学中。大学時代に出会った研究者、小熊英二さんと上野千鶴子さんの影響で社会学に興味を持つ。子ども・若者と学校の問題について考えている。著書に、『不登校は終わらない――「選択」の物語から<当事者>の語りへ』(新曜社、2004)

○後藤 和智 氏
1984年岩手県生まれ。東北大学工学部建築学科在学中。平成17、18年仙台市成人式実行委員。2004年11月より、ブログ上で青少年言説の検証に取り組んでいる。著書に、『「ニート」って言うな!』(光文社新書、2006)

○寺井 元一 氏
1977年9月13日兵庫県生まれ。96年私立灘高校卒業後、早稲田大学政経学部に入学。01年に同大学を卒業後、同大学院に入学。政治学を専門に、若者の価値観と投票行動の関連を研究する。学生時代に3年間、某衆議院議員の事務所にボランティアスタッフとして従事。その後、02年11月6日、NPO法人KOMPOSITIONを設立。大学院を中退した後、KOMPOSITIONの運営に専念、現在に至る。

○常野 雄次郎 氏
1977年兵庫県生まれ。10歳のときに登校拒否児になる。1年程の閉じこもりを経て学校外の居場所である東京シューレに。以来、学校に戻ったりまたやめたりしながらイギリスの大学を卒業。現在はフリーター。うつ病治療中。著書に、『不登校、選んだわけじゃないんだぜ!』
(理論社、2005)

○松田 武巳 氏
NPO法人不登校情報センター代表理事。


●コーディネーター

山本 繁 氏
1978年東京都生まれ。97年慶応義塾大学環境情報学部に入学。学生ベンチャー社長や演劇活動、中学生のための演劇クラブ指導者などを経て、02年3月、NPOコトバノアトリエを設立。当初は作家になりたい若者の育成・支援を目的にしていたが、不登校、いじめ、リストカット、ひきこもりなどの若者の多くが書くことに興味を持っていることに気がつき方向転換。06年6月、書くことを仕事にしたいニート・不登校・ひきこもりのための職業訓練事業「神保町小説アカデミー」開校予定。


●プロデュース&事務局 NPOコトバノアトリエ

経済格差や学校との相性が合わない故に自らの才能を伸ばせずにいる若い世代に、表現するキッカケや継続的な試行錯誤、第一線で活躍する講師との出会いの機会などの提供を通じて、若者たちが自ら挑戦し、成長する社会環境の創造を目指しています。「学校への講師派遣」や中学生・高校生を対象にした小説教室「コトバノアトリエ」、書くことを仕事にしたいニート・不登校・ひきこもりの若者が創作や仕事を通じて職業に結びつく技術を習得する「神保町小説アカデミー」(06年6月開校予定)等のアート教育・人材育成プログラムを大学・大手企業・NPOと連携して実施。3年半で約150名がプログラムに参加。コアスタッフ10名、年間予算は約1,600万円(2006年度見込み)です。

* * * * * * * * * *

もうひとつ。「神保町小説アカデミー」のご紹介です。

書くことを仕事にしたいニート・不登校・ひきこもりのための職業訓練事業だそうです。この団体とも私とは無関係ですが、このサイトをご覧の方には役立つ情報かもしれないので、ご紹介します。

http://www.kotolier.org/j-academy/

スポンサーリンク

トラックバック

惑星ソラリア - 2006年05月29日 18:05

【書くことを通じて、社会生活への第一歩を踏み出したい人へ】 神保町小説アカデミー、6月11日開校!

【ニートひきこもりJournal】様 [PR] ニート・不登校・ひきこもりフォーラムの開催! [PR]『ニート・不登校・ひきこもり Next Vision Forum』『ニート・不登校・ひきこもり支援事業

URL :

最近の記事
カテゴリー
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
RSSフィード
本など
「ニート」って言うな! (光文社新書)

若年者就業の経済学
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
115位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
5位
アクセスランキングを見る>>
リンク
このサイトについて

このサイトはリンクフリーです。張るのも剥がすのもご自由になさってください。相互リンクは現在募集しておりません。

携帯用アドレスを取得されたい方は、「こちら」をクリックしてください。

このブログのリンク先のご利用につきましては、ご自身の責任のもとでお願いします。なお、本等のリンクについては、Amazon.co.jpのアフィリエイトプログラムを導入しています。

なお、「富条」はハンドルネームです。本名は全く違う名前です。

メールは nhjournal77@yahoo.co.jp まで。