School Phobia-学校恐怖症(1)

私は最近まで、不登校というのは、ひきこもりのようにほぼ日本特有のものだと勝手に誤解していました。

しかし、先日、Google Book Search で洋書の中身をのぞいていたところ、たまたま "School Phobia" という言葉を見つけ、驚きました。日本語に訳せば「学校恐怖(症)」でしょうか。その言葉の歴史は古いようです。

なんだか気になります。ご飯ものどを通りません。日本の不登校とはどう違うのでしょうか。 * * * * * * * * * *

■ "School Phobia" という言葉について

"School Phobia" という言葉は海外でよく使われているようで、Google で検索すると 139,000件、Yahoo.com だと 67,900件がヒットします。

学術研究も行われているようで、世界最大の医学文献データベースMEDLINEで検索すると、200件がヒットします。このデータベース、どうも英語圏の情報がヒットすることが多いような気がするのですが、 ヒットした文献の中にはフィンランド語、スウェーデン語、オランダ語といった北欧の言語のものも見つかります。"School Phobia" は北欧でも流行っているのでしょうか。

言葉の歴史は古く、1941年に、A. M. ジョンソンなどが使用したのが始まりです。

■ "School Phobia" って何ぞや

"School Phobia" とは、いったいどういうものと説明されているのでしょうか。ちょうど、Marianna Csoti という人のSchool Phobia, Panic Attacks, and Anxiety in Children という本を見つけたので、その中の説明を見てみることにします。

学校恐怖症は正確な「恐怖症」ではありません。学校恐怖症は学校環境を中心に起こる障害であるにも関わらず、一般の恐怖症よりもはるかに複合的で、分離不安、広場恐怖症、社会恐怖症、などの一連の疾患が関係する可能性があるものです。実際、学校恐怖症の子供はたいてい、安全な家庭環境や主に世話をしてくれる安全な人の存在から離れることを恐れています。

School phobia is not true 'phobia.' It is far more complex and can involve a range of disorders including separation anxiety, agoraphobia and social phobia, although the anxiety is centerd around the school environment. In reality, the school phobic child is usually afraid of leaving the secure home environment, and the safe presence of the main carers.

(13ページ)

「学校恐怖症」という名前の独立した恐怖症はありません。実際、アメリカ精神医学会のDSM(『精神疾患の分類と診断の手引』)にも、「学校恐怖症」の項目はありません。

学校恐怖症とは、言ってみれば俗っぽい言葉で、実際は分離不安障害だったり、広場恐怖症だったり、社会恐怖症(社会不安障害)だったり、あるいはそれらの症状の複合だったりするわけです。

■ 学校恐怖症と分離不安障害

特に、分離不安障害との関係については、A. M. ジョンソンの1957年の研究以来、しばしば指摘され続けてきました。分離不安障害とは、上の説明にもある通り、母親や家など安心できる状況から離れることに過剰な不安を感じる小児期の不安障害です。ですから、分離不安障害が原因の学校恐怖症は、小学校低学年ぐらいの年齢で発症します。

DSMは分離不安障害の診断基準の一つに「分離に対する恐怖を理由に、学校やその他の場所へ継続的に行きたがらない、または拒絶している」(persistent reluctance or refusal to go to school or elsewhere because of fear of separation)を挙げています。

学校恐怖症は分離不安障害の一つの症状だ!…と説明されることもあります。けっこう論者によって説明が違うのですが、分離不安障害との関係はよく取り上げられますね。

(つづく)


人気blogランキングへ

現在、35位あたり。学校恐怖症なんてマイナーな記事、書くことができるのは順位が低迷している今だからこそ。

[この記事の続き]

School Phobia-学校恐怖症(2)

[特に参考にしたもの]

★ Csoti, M. (2003). School Phobia, Panic Attacks, and Anxiety in Children New York: Jessica Kingsley. 13-38.
★ Richard, A. & Gardner, M. D. Children with separation anxiety disorder In John D., M.D. O'Brien., Daniel J. P., Owen W. L. (Eds.). (1992) Psychotherapies With Children and Adolescents: Adapting the Psychodynamic Process Washington, DC: American Psychiatric.



スポンサーリンク

トラックバック

URL :

最近の記事
カテゴリー
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
RSSフィード
本など
「ニート」って言うな! (光文社新書)

若年者就業の経済学
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
144位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
11位
アクセスランキングを見る>>
リンク
このサイトについて

このサイトはリンクフリーです。張るのも剥がすのもご自由になさってください。相互リンクは現在募集しておりません。

携帯用アドレスを取得されたい方は、「こちら」をクリックしてください。

このブログのリンク先のご利用につきましては、ご自身の責任のもとでお願いします。なお、本等のリンクについては、Amazon.co.jpのアフィリエイトプログラムを導入しています。

なお、「富条」はハンドルネームです。本名は全く違う名前です。

メールは nhjournal77@yahoo.co.jp まで。