なぜあの人たちは無気力なのか-学習性無力感

「ニートは無気力じゃない!」 という記事をずいぶん前に書きましたが、私が知るひきこもり(ニート)の若者には、確かに無気力としかいいようもない人も中にはいました。ニートばかりでなく、私が姉妹ブログで扱っている場面緘黙症の人にも、無気力の人を見かけたことがあります。

ここでいう無気力というのは、深刻なものです。将来の展望に希望を失い、うつの傾向すらあります。近寄りがたいほど暗い雰囲気を漂わせていて、とにかく自分は何をやっても駄目なのだという、自分に対する深い絶望感を抱えているのです。

ニートの中には「今の自分は勝っていると思います」と自信満々に語る人もいるそうですが、ここでいう無気力な人たちは、そんな自信すら失ってしまっているのです。

心理学では、用意がいいことに、こういった人たちを説明する理論が既にあります。「学習性無力感」(learned helpless)というものです。驚くなかれ、人は学習して無気力になることがあるというのです。 * * * * * * * * * *

■ 学習性無力感とは何ぞや

学習性無力の理論は、以前「心理カウンセラーなんかに、考え方を変えられてたまるか!(怒)」でご紹介した、セリグマン(Seligman)らによって展開されてきました。

学習性無力感とは、自分の努力によってはどうしようもない出来事を経験した末、自分の未来は自分で切り開くことはできないという教訓のようなものを「学習」してしまい、やる気を失って情緒的にも混乱してしまう、そういうものです。こうなると、自分の状況を変えようと努力することはなくなってしまいます。

例えば、次は保険会社に採用されたベンという若い外交員の例です(Peterson al., 1995)。訳の品質は保証しません。
ベンは(中略)初出勤の日からずっと憂鬱だった。彼が契約を断られたときはいつも、これは自分には才能がなくて、好かれないからだと思った。そうした後は、彼は新たなつてを作る前に、一日中よくぶらぶらして過ごした。ベンが売約を取り付けたとき、これは顧客がその日に感情が高ぶっていたに違いないと考えた。彼は仕事を辞めたいと思っていたが、別の仕事をどこで見つければよいか分からなかった。

Ben (snip) has been miserable since his first day on the job. Whenever he was rejected, he believed it was because he had no talent and was unlikable. He would then dawdle for a whole day before making a new contact. When he made a sale, Ben thought that the customer must have been feeling flush that day. He wanted to quit but didn't know where he could get another job.

契約が獲得できないのであれば、商品の説明の仕方が悪かったんじゃないかなどと考えればいいのにと私は思うのですが、ベンのように自分に才能がないからだとか考えてしまっては、どうしようもありません。前者のように考えれば、努力によって改善する余地があるとなりますが、後者の場合、才能がないなら努力しても仕方がないとなってしまいます。

投票率の低下傾向を学習性無力感で説明する人がいます。どうせ1票ぐらい投票しても結果は変わらないのなら、選挙になんて行っても無駄だということです(ちなみに、私は選挙で棄権をしたことがありません)。

これらは我々の日常でもよくありそうなことです。非日常的なものだと、監禁、戦争、飢饉、干ばつなどで、学習性無力感に陥ることがあります。

■ 就職に失敗し続けたニート

ニートが増加したのは、かつての就職超氷河期で面接で落とされ続けて、意欲を失った若者が増加したからだと説明されることがあります。これも、学習性無力感の理論が背後にあるのかもしれません。

不採用通知をたくさん受け取ると、自分の人間性そのものに問題があるのではないかだとか、自分は何をやっても駄目な人間ではないかだとかと思ってしまうことがあるのかもしれません。

■ 学習性無力感の治療

面白いことに、どんなに挫折を経験しても、なかなか学習性無力感に陥らない人もいます。こうした人たちは、どんな問題が起きても、結局は自分の努力次第でなんとかなるという楽観主義の持ち主であることが多いです。

学習性無力感に陥った人たちの治療は、こうした楽観主義者のように、自分の人生は自分でコントロールできるのだと教えることが主眼になります。このあたりのことは、先日「心理カウンセラーなんかに、考え方を変えられてたまるか!(怒)」でお話した、「統制の所在」(Locus of Control)とも関係します。

■ 駄目な奴は何をやっても駄目なのでは

しかし、私は思うのです。駄目な奴は何をやっても駄目なのでは?

先ほど、ベンという若い外交員の例をお話しましたが、彼は本当に才能がなかったのかもしれません。就職で失敗続けて無気力ニートになった若者も、本当に才能がなかったのかもしれません。

自分は無力なんだと考えるのは、そう「学習」したからであって、それを認知行動療法家ごときが「あなたが無力というのは間違いだ」と決め付けるのは、いかがなものかと思うのです。自分のことは自分が一番よく知っています。

私などは、いくら英語を勉強しても、ちっとも上達しないんですよ。一昨年、新聞に掲載されていた大学入試センター試験の英語の問題を解いて自分で採点してみたところ、ショックを受けました。高校時代に比べて点数が下がっていたのですから。私は高校卒業後、大学受験時とは比較にならないほどの勉強量をこなしてきました。勉強方法も、改良に改良を重ねました。しかし、英語の力は全く伸びていなかったのです。こうなると、どれだけ英語を勉強してもこれ以上は上達しないのではないかと考えるのが自然です。

人気blogランキングへ
(じゅ、順位が…。誰か、クリックして!)

※ 注意。私は心理学はまだ勉強中の身です。

[学習性無力感を学ぶ上でためになりそうな本]

学習性無力感―パーソナル・コントロールの時代をひらく理論
C.ピーターソン S.F.マイヤー M.E.P.セリグマン

関連商品
激動社会の中の自己効力
つよい子を育てるこころのワクチン―メゲない、キレない、ウツにならないABC思考法
心理測定尺度集 (3)
心理測定尺度集〈2〉人間と社会のつながりをとらえる“対人関係・価値観”
心理測定尺度集〈1〉―人間の内面を探る“自己・個人内過程”
by G-Tools

[関連記事]

★ 心理カウンセラーなんかに、考え方を変えられてたまるか!(怒)
★ 続・なぜあの人たちは無気力なのか-学習性無力感
★ ニート、ひきこもりと自信、自己効力感

[注と参考にしたもの]

まだスタイルの書き方が分かりません。

★ Hayes, N. (2003). Teach yourself psychology. (3rd ed.). Chicago: McGraw-Hill, 92-94.
★ Learned helplessness. (2006, May 8). In Wikipedia, the free encyclopedia. Retrieved June 1, 2006, from http://en.wikipedia.org/w/index.php?title=Learned_helplessness&oldid=52221465.
★ Petersen, C., Maier, S.F., & Seligman, M.E.P. (1995). Learned helplessness: A theory for the age of personal control. New York: Oxford University Press, 7-8.



スポンサーリンク

トラックバック

ヨム、打つ、なう。 - 2011年10月26日 00:09

WIN5とやる気の話

なぜあの人たちは無気力なのか-学習性無力感

URL :

最近の記事
カテゴリー
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
RSSフィード
本など
「ニート」って言うな! (光文社新書)

若年者就業の経済学
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
126位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
6位
アクセスランキングを見る>>
リンク
このサイトについて

このサイトはリンクフリーです。張るのも剥がすのもご自由になさってください。相互リンクは現在募集しておりません。

携帯用アドレスを取得されたい方は、「こちら」をクリックしてください。

このブログのリンク先のご利用につきましては、ご自身の責任のもとでお願いします。なお、本等のリンクについては、Amazon.co.jpのアフィリエイトプログラムを導入しています。

なお、「富条」はハンドルネームです。本名は全く違う名前です。

メールは nhjournal77@yahoo.co.jp まで。