ニート、ひきこもりと自信、自己効力感

他人を見下す若者たち

先日、たまたまテレビを見ていたところ、『他人を見下す若者たち』という本を書いた速水敏彦名古屋大学教授(教育心理学)が出演していて、「仮想的有能感」がどうこうと語っていました。

仮想的有能感とは、速水氏が唱えた概念で、他人を見下すことで感じる根拠のない有能感のことです。

速水氏は、仮想的有能感は、自信とは違うと話していました。自信というのは、何らかの成功体験に裏打ちされたものであるのに対し、仮想的有能感はそうした根拠がないものだというのです。

私は速水氏の著作はよく読んでおらず、その内容についてここで論評するつもりはありません。ですが、自信は成功体験に裏打ちされたものだというのは分かるような気もします。

■ 自己効力感

心理学の世界では、世に言う「自信」と似た概念に「自己効力感」(self-efficacy)というものがあります。

Wikipedia の「自己効力感」の説明によると、「外界のことがらに対し、自分が何らかの働きかけをすることが可能であるという感覚」を言うそうです(最終アクセス2006年6月8日)。要するに、自分ならできる、という感覚のことでしょうか。

以前お話した「統制の所在」「学習性無力感」とも深い関係があります。 * * * * * * * * * *

■ 自信がないニート、ひきこもり

ニートの中には、「今の自分は勝っていると思います」と自信に満ち溢れた若者もいるそうですが、自信のない人もいそうです。

UFJ総研の「若年者のキャリア支援に関する実態調査」(厚労省委託、2003年)によると、無業者(≒ニート)に求職活動を一度もしたことがない理由を複数回答で聞いたところ、「人づきあいなど会社生活をうまくやっていく自信がないから」が33.6%でトップ、同様に求職活動をやめてしまった理由を聞いたところ、「仕事に就いてうまくやっていく自信がなくなったから」が23.2%で第3位となっています。

会社生活をうまくやっていけない、仕事でうまくやっていけないというのは、その人の自信、自己効力感にさぞや深い傷を与えたことでしょう。

こうなると、「自分は何をやってもダメな人間なんだ」と学習性無力感に陥って、何事にもやる気を失い、うつになる人も出てくることでしょう。

ひきこもりの若者にも、自信がない者が多いなどとよく言われます。自信がないからひきこもりになったのか、ひきこもりだから自信をなくしたのか、よく分かりません。

■ とにかく褒めるカウンセラー

こういう人たちには、自信、自己効力感を回復させることだとよく言われます。別の言い方をすると、こういった人たちは統制の所在が外的な方向に偏っているので、内的な方向に持っていくといったところでしょうか。

私などは心理カウンセラーから、ささいなことでも、やたらと大仰に褒められます。私に自信や自己効力感を持ってもらおうという配慮なのでしょうが、私はそんなに自分に自信がなさそうにでも見えるのでしょうか。

私にとって、心理カウンセラーに褒められるほど惨めで、自信や自己効力感を失わせるものはありません。カウンセラーが私のことを褒めるのは、本心から言っているのではなく、あくまで心理療法の一貫であって、私が病んでいるからなのです。褒められれば褒められるほど、「あなたは病んでいるんだよ」と言われているようで、たまりません。

そもそも、私を褒めようにも、私にはろくにいいところがないので、褒めようがありません。「英語の勉強してるんだ、すごいね」なんて褒め言葉になっていません。やって当たり前の勉強を継続しているだけで褒められるなんて、そこまで自分は落ちたのかと屈辱的な気分になり、かえって自信を失います。

■ 自信がないのは当然

冒頭で、自信というのは、何らかの成功体験に裏打ちされたものだというお話をしました。ということは、成功体験がろくになく、挫折ばかりの人生を歩んできたような人は、自信や自己効力感が持てない、持てなくて当然ということになります。

こういう人に、いくら心理カウンセラーが口先だけの褒め言葉を並べたり、小さな成功体験ができるようお膳立てしたところで、意味はないのではないだろうか、場合によっては逆効果にさえなるのではないだろうかと私などは考えてしまいます。

こうした人たちは、本当にどうしようもないのです。何をしてもダメなんですから。何かに挑戦しようとすればするほど、失敗を繰り返して自信を失い、褒められれば褒められるほど惨めな気持ちになるだけでしょう。

■ 成功体験に裏打ちされない自信もあるのか

しかし、「自信は無根拠に持つべき」と主張する人もいます。

本当は、自信は無根拠に持つべきものです。無根拠であるほど、それは強い。『私は世界一私自信である。私以上に私をきわめたものはいない』そういう自信もアリです。というか、本当はそういう自信でいいのだと私は思います。

斉藤環『「ひきこもり」救出マニュアル』PHP研究所、2003年5月、446ページ。

そんな自信、どうやって持てばいいのでしょうか?誰かから無条件で承認されること?そんなの無理です。

心理学勉強中の富氏でした。

人気blogランキングへ
(現在25位あたり。クリックしてくださると、励みになります)

[参考にしたもの(既出のものは除く)]

★ Hayes, N. (2003). Teach yourself psychology. (3rd ed.). Chicago: McGraw-Hill



スポンサーリンク

トラックバック

ひっきーはどこまであがれる? - 2006年06月16日 15:41

スケジュールいっぱいの手帳

医者とチェロのレッスンくらいしか用事が無く、予定はスカスカ。今はどうだろう?休みは週二日、そこに前述の医者とチェロ。相変わらず、スカスカだ。わざわざ”バイト”と書く

URL :

最近の記事
カテゴリー
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
RSSフィード
本など
「ニート」って言うな! (光文社新書)

若年者就業の経済学
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
95位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
6位
アクセスランキングを見る>>
リンク
このサイトについて

このサイトはリンクフリーです。張るのも剥がすのもご自由になさってください。相互リンクは現在募集しておりません。

携帯用アドレスを取得されたい方は、「こちら」をクリックしてください。

このブログのリンク先のご利用につきましては、ご自身の責任のもとでお願いします。なお、本等のリンクについては、Amazon.co.jpのアフィリエイトプログラムを導入しています。

なお、「富条」はハンドルネームです。本名は全く違う名前です。

メールは nhjournal77@yahoo.co.jp まで。