豊かになるほど人は働かなくなる?

「一般に、経済的に豊かになるほど人は働かなくなる」

というような意味のことが、私が大学時代に使った経済学の教科書に書かれてありました。

これを、「豊かな時代に生まれた者は、これだからけしからん!」と見るか、「経済的に豊かになったのなら、心身の状態がおかしくなるまで働かなくてもいいじゃないか」と見るかは、経済学の問題ではありません(たぶん)。価値判断の問題でしょう。

それにしても、経済的に豊かになるほど働かなくなるというのは、どういうことなのでしょうか。経済学のこの教えは、ニート現象を説明するのにどれほど役立つのでしょうか。 * * * * * * * * * *

■ 労働と余暇、どっちをとる?

時間は1日24時間に限られていて、私たちはその中でどれだけ働くか、休むかを決定します。

この決定は、個人の好みによります。お金がたくさん欲しいと考える人なら、より多くの時間働こうとするでしょう。しかし、あまり働きすぎると疲れてきますし、お金よりも少しは余暇に時間をさこうと考えるようになるかもしれません。こうして、労働の時間と余暇の時間の配分が決定されます。

一方、働いて高い給料を得ることよりも余暇に喜びを感じるタイプの人なら、余暇の時間を多くとることでしょう。

■ 経済的に豊かになると…

ここで、例えばサマージャンボ宝くじで5,000万円が当たって、突然経済的に豊かになった場合、どうなるでしょうか。

先ほどお話したお金がたくさん欲しいと思っている人も、これで結構満足してしまい、それほど働いて稼がなくてもいいやと考えてしまうかもしれません。ただ、5,000万円だと一生遊んで暮らせる額でもないでしょうから、少しは働いて稼ごうと考えるかも知れません。

以上が、「一般に、経済的に豊かになるほど人は働かなくなる」の経済学的な説明です。たぶんこれで合っていると思うのですが…。

■ 非現実的?

ここまで読んで、「そんな話、非現実的だよ!」と思う方がいらっしゃるかもしれません。

★ 労働と余暇の時間は自由に選択できるのか

そもそも、どれだけの時間働いて、どれだけの時間休むなんてことを自分で自由に決めることは、なかなかできません。働きたくても職にありつけなかったり、あるいは休みたくても残業をさせられたりすることはよくあるはずです。

★ 経済的に豊かになるほど、もっと豊かになりたいと思う人もいる

人間の欲望には際限がない、なんて言い方がされることがありますが、お金が手に入るほど、より多くのお金が欲しくなるなんてことを考える人もいるかもしれません。こういう人は、働いて収入を増やせば増やすほど、もっと働いて稼ぎたいと考えるかもしれません。サマージャンボで大金が当たっても、もっと働いてお金が欲しいと考えるかもしれません。

■ 経済学は仮定の世界

経済学は、議論をしやすくするために、単純化のための仮定をたくさん作っています。ですから、上のような疑問が出てくるわけです。

ここでは例えば、個人は自分の欲望にしたがって合理的な行動をするとか、個人の欲望は満たされれば満たされるほど消えていく(限界便益の逓減)といった仮定がなされています。

■ ニートが働かないのは合理的な行動?自由な意思決定?

とすると、働かないニートは、経済的に豊かだからなのでしょうか。労働と余暇の時間の配分を考え、働かなくても一生生きていけるだけの十分なお金があるから、働かなくていいやと合理的に判断したのでしょうか。

ニートの中には精神疾患を抱えていたりひきこもったりしている若者も少なからず存在するはずですが、そういった若者たちは本人たちの自由意志で働かないという選択をしたのでしょうか。

個人が裕福になると労働供給は減少する…というミクロ経済学が教えるところは、大変興味深いですが、これだけでニート現象を説明することはとてもできないと私は思います。

人気blogランキングへ



スポンサーリンク

トラックバック

URL :

最近の記事
カテゴリー
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
RSSフィード
本など
「ニート」って言うな! (光文社新書)

若年者就業の経済学
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
95位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
6位
アクセスランキングを見る>>
リンク
このサイトについて

このサイトはリンクフリーです。張るのも剥がすのもご自由になさってください。相互リンクは現在募集しておりません。

携帯用アドレスを取得されたい方は、「こちら」をクリックしてください。

このブログのリンク先のご利用につきましては、ご自身の責任のもとでお願いします。なお、本等のリンクについては、Amazon.co.jpのアフィリエイトプログラムを導入しています。

なお、「富条」はハンドルネームです。本名は全く違う名前です。

メールは nhjournal77@yahoo.co.jp まで。