週記:ひきこもりは何を勉強すればいい?

ひきこもりやニートの若者に、「何にでも挑戦してみよう。それが将来の進路に結びつくかも」などという言い方がされることがありますが、注意が必要です。挑戦しろと言っても、具体的な職に直接結びつく、できるだけ実現可能性の高いものに挑戦するべきです。

■ 英語の勉強を始めた私

私はひきこもってから新しく始めたことがあります。それは英語の勉強です。

ひきこもりデイケアでも、富氏と言えば英語を勉強していることで有名です。デイケアのメンバーと今後の進路の話になると、「富氏君は、英語を活かせる仕事に就いたら」などと簡単に言われたこともあります。しかし、いくらなんでも、それは無理です。

英語を勉強するのもいいですが、いくらひきこもりながら英語三昧の生活を送ったところで、英語を活かせる仕事に就くのは至難の業です。

■ 私がなぜ英語の勉強を始めたのか

私はもともと無駄な時間の使い方をするのが嫌いな性質で、ひきこもりながらでも何か有意義な時間の使い方は何かを探したところ、思いついたのがNHKラジオを使った英語の勉強でした。

ニートは職に就けないなら何か学校に行って勉強しろよ!などと言う人もいるかもしれませんが、現実にはそう簡単に学校に通うことなどできません。その点、NHKのラジオ講座は非常に手軽に勉強ができます。テキストは安価で、よほど小さな書店でもない限り、大体どこでも店頭に置いてあります。 * * * * * * * * * *

ラジオの英語講座といっても、馬鹿にできません。基礎英語などの初心者向けの講座はもちろん、「ビジネス英会話」など、英検準1~1級、TOEIC高得点を目指す人の間でも大変評価の高い講座もありす。

1日ひきこもっていると、ビジネス英会話の勉強だけでは時間が余ってしまいます。そこで、より高い語学力を身につけようと英字新聞や洋書の読解に英語ブログの作成など、色々なことにチャレンジしました。

そんなことを続けているうちに、まだまだ未熟ではありますが、少なくとも世間一般の人よりは高いレベルの語学力を身につけることに成功しました。

■ ひきこもりデイケアで、英語を勉強していることで知られるようになる

ひきこもりデイケアでも、私は英語を勉強していることで知られるようになりました。自分で英語を勉強していると話していましたし、駅前で買った英字新聞をデイケアに持ち込んだりしていたからです。

※ いまでは英字新聞を持ち込んだことを反省しています。「なんだあいつ、英字新聞なんかこれ見よがしに広げて。嫌味ったらしい」と感じる人がいるようです。

■ 英語を活かした職業になんて就けない

そのうち、「富氏君は、英語を活かした職業に就けば」などと言うメンバーが現れました。

とんでもない話です。私は毎日英語の勉強をしていたので、英語で食べている人の語学力がいかに凄いものか、そして自分の語学力がいかに取るに足りないものかを分かっていました。私なんか、英語三昧の生活を何年送っても、英語で食べていくことなんか不可能です。

就職や社会参加に役立たない勉強をどれだけ熱心に続けても、ひきこもりやニートを脱出することはできません。遊んでいるのと大差ないかもしれません。

■ むすび

今週、ちょっと知ったのですが、どうも世間一般の人は高校や大学あたりで英語力がピークに達し、あとは下がるばかりなんですね。それで、「自分は世間一般の人よりもずっと高い英語力を身につけたのに、毒にも薬にもなっていない」と感じて、こんな記事を書きました。

何やら勉強の話ばかりしてしまいましたが、私も自暴自棄になって、遊んでばかりいた時期が一時期ありました。一旦社会から脱線してしまうと、復帰が困難ですからね。「自分はもう駄目かも」となって、「こうなったら、好きなことやるだけやっちゃえ」となってしまうのです。

人気blogランキングへ



スポンサーリンク

トラックバック

ニートからのキャリアアップ - 2006年08月05日 12:37

英語力+何か

ニートひきこもりJournalの記事に、「ひきこもりは何を勉強すればいい?」という記事があった。作者の富氏は、ひきこもり中に英語を勉強して、英字新聞も楽に読めるだけの英語力を身につけたそうだ。それでも、就職に

URL :

最近の記事
カテゴリー
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
RSSフィード
本など
「ニート」って言うな! (光文社新書)

若年者就業の経済学
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
129位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
9位
アクセスランキングを見る>>
リンク
このサイトについて

このサイトはリンクフリーです。張るのも剥がすのもご自由になさってください。相互リンクは現在募集しておりません。

携帯用アドレスを取得されたい方は、「こちら」をクリックしてください。

このブログのリンク先のご利用につきましては、ご自身の責任のもとでお願いします。なお、本等のリンクについては、Amazon.co.jpのアフィリエイトプログラムを導入しています。

なお、「富条」はハンドルネームです。本名は全く違う名前です。

メールは nhjournal77@yahoo.co.jp まで。