ひきこもり in 英語圏

Welcome to the Nhk 1Google、Yahoo!Japan で「Hikikomori」と検索すると、言語を英語に指定しただけでも、それぞれ 218,000件、158,000件ヒットします。

イギリスのBBC、アメリカの New York TimesTIMEasia、果てはアルジャジーラの英語サイトなど、Hikikomori は英語メディアの多くに登場し、反響を呼んでいます。

ひきこもりの青年を主人公としたテレビアニメ「N・H・Kにようこそ!」は、日本でしか放映されていないはずなのに、なぜか英語の情報サイトがたくさんあります。

英語圏のサイトや本を読み、英語圏でひきこもりがどう伝えられているか等について調べてみました。

※ 画像は、今年10月に発売予定のマンガ『NHKにようこそ!』の英語版 Welcome to the NHK の第1巻。 * * * * * * * * * *

■ ひきこもりは英語圏で何と呼ばれているか

ひきこもりは、英語圏では Hikikomori と呼ばれています。そのままです。

説明的な訳としては "to withdraw from society"(BBC) "social withdrawal"(TIMEasia)など、withdraw や withdrawal といった単語を使うのがポピュラーなようです。

そのほか、isolate とか hermit(隠者、世捨て人)といった言葉で表現されることもあります。

ちなみに、もともと「社会的ひきこもり」という言葉は、斉藤環氏が "social withdrawal" という英語を日本語に訳したものです。

■ Hikikomori はどう説明されているか

日本人が書いたものもあれば海外の人が書いたものもあります。ですが、全般的に、日本におけるひきこもりの説明と大きく変わりがありません。おかしな偏見で説明されたらどうしようかと不安だったのですが、安心しました。

日本と同様に、Hikikomori は日本特有の現象で、日本の文化、教育システム、メンタルヘルスの問題などと関連付けて説明されることが多いです。ただ、中には「日本特有の現象ではないのではないか」と論じているものもあります。

気になったところは、Otaku と関連付けて説明されることが、日本に比べて心なしか多かったように思えたことです。あと、少数ですが、「広場恐怖」との関連を疑う記述をいくつか見つけました。

◇ 報道

数多くのメディアで報道されています。Hikikomori をメインに扱った有名どころは次のもので、これらのサイトの文章を転載したサイトも多数見かけます。

下の中で、TIMEasia は村上龍氏が執筆したもので、それ以外は外国の記者やレポーターがまとめたものです。

○ TIMEasia
Japan's Lost Generation(2000年5月)
○ BBC
Japan: The Missing Million(2002年10月)
Hikikomori violence(2002年10月)
○ アルジャジーラ
Japan's secret epidemic(2004年5月)
○ New York Times
Shutting Themselves In(2006年1月)

最近では、 Los Angeles Times の、2006年9月25日の記事 Simmering Discontent in Japan の中で、Hikikomori の説明が登場します。

◇ 本
Shutting Out the Sun: How Japan Lost Its WayGoogle Book Search で Hikikomori と検索しただけでも、30件ヒットします。

これらの多くは、日本文化について紹介した本です。英語圏の心理学関係の本(教科書含む)には Hikikomori はあまり載っていないようです。

今月には、Hikikomori についても触れた Shutting Out the Sun という日本論が発売され、そこそこ売れているようです。この本の成功で Hikikomori の英語圏における認知度が上がるのでしょうか。

■ ポップカルチャー

◇ Welcome to the NHK

日本でもお馴染みのNHKにようこそ!は、小説に加え、マンガ、アニメにもなりましたが、英語圏でも Welcome to the NHK や NHK ni Youkoso などの名称のアニメとして、かなりの知名度があるようです。

これは不思議です。Wikipedia の記事 Welcome to the N.H.K.(最終アクセス日2006年9月28日)によると、このアニメが放送されているのは日本だけだそうです。ジャパニメーションは、それほど海外から注目を集めているのでしょうか。

この『NHKにようこそ!』ですが、コミック版が、今年10月に英語版 Welcome to the NHK が海外で発売されるようです。

◇ 映画

2004年には Hikikomori: Tokyo Plastic という映画が上映されました。現在アメリカやカナダではDVDが販売されているようです。

日本人も関わったアメリカ製のフィクションもののようですが、いったいどんな内容なのでしょうか…詳しくお知りになりたい方は、作品のウェブサイトがあるので、検索してみるといいでしょう。


人気blogランキング参加中です。もしよろしければ、下の「人気blogランキングへ」をクリックしてくださると嬉しいです。

人気blogランキングへ



スポンサーリンク

トラックバック

山田日報 - 2007年01月24日 19:58

”HIKIKOMORI(ひきこもり)”は世界共通用語?=中国・香港

中国でも「Hikikomori」というのだそうである。この記事のもとになったのはこれだな。Estimate: Young hermits in HK number 18,500(中国日報・英語版より) 他、海外の「Hikikomori」使用については、ニートひきこもりJournalさんが詳しい。 ひきこもり in 英語圏 バルセロ

URL :

最近の記事
カテゴリー
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
RSSフィード
本など
「ニート」って言うな! (光文社新書)

若年者就業の経済学
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
95位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
6位
アクセスランキングを見る>>
リンク
このサイトについて

このサイトはリンクフリーです。張るのも剥がすのもご自由になさってください。相互リンクは現在募集しておりません。

携帯用アドレスを取得されたい方は、「こちら」をクリックしてください。

このブログのリンク先のご利用につきましては、ご自身の責任のもとでお願いします。なお、本等のリンクについては、Amazon.co.jpのアフィリエイトプログラムを導入しています。

なお、「富条」はハンドルネームです。本名は全く違う名前です。

メールは nhjournal77@yahoo.co.jp まで。